中国の雲南省にあるシャングリラを観光した印象や雰囲気、治安について

スポンサーリンク

今回も前回の記事に引き続き、

中国「雲南省」にある「シャングリラ」についてという事で、

「シャングリラ」は漢字で書くと「香格里拉」。

標高3288mに位置する田舎町で、

非常に空気も澄んでいて湿気も少なくとても気持ちが良い地域。

日本だとこれ位高い場所に位置する町というのは、ほぼ無いのではないんじゃないのかな?

富士山が3800m近いので、相当高い位置にある事がお分かりいただけると思います。

シャングリラには今もまだ多くのチベット人が住んでいますし、とにかく田舎。

シャングリラまではバスも通っているので、

チベット文化等に興味のある方はぜひ一度、訪れてみても良いかも。

他の国や地域のチベットエリアと比べても、

比較的通いやすい距離にあるので行きやすくておすすめ。

中国雲南省の「大理」についての記事はコチラ

中国雲南省の世界遺産「麗江古城」についての記事はコチラ

スポンサーリンク

中国の雲南省にあるシャングリラの治安や雰囲気について

雲南省内でも「昆明」辺りだと、まだ中国の雰囲気がバンバンと漂うのですが、

麗江(れいこう)を越えてシャングリラに入った辺りくらいから、

チベット色が徐々に強くなり、人の感じも徐々に変わってきます。

人種や人の顔つき、肌の質感、服装など、

シャングリラまでの道中は、とにかく、山、山、山。

標高がとても高い為、徐々に空気が薄くなるのを感じる事が出来ます。

日本に住んでいてはなかなか出来ない経験ですね。

シャングリラの醍醐味といえばやはり、

ホテルなどからのぞくこういった景色。

周りの山や景色もとてもきれいなので、

のんびりとお茶でも飲みながらリラックスなんてのも最高かも。

治安に関しては夜はとても暗いので、女性一人の外出はあまりおすすめはしないですが、

もし外出したとしてもかなり田舎町な為、

物珍しいものは何もないはず(2件程、クラブのようなものがある)

クラブ内ではみなさん踊る事なく、何やらボソボソと立ち話をしている感じでなかなか不思議な感じ。

夜はちなみにこんな感じで、ここはまだ賑やかな方かも。

スポンサーリンク

中国の雲南省にあるシャングリラのグルメ、有名な食べ物、食事について

シャングリラで有名な名産物といえば「松茸」などのキノコ類。

松茸といえば日本ではとても高級品なんですが、

こちらの中国雲南省のシャングリラでは、

地元の人達も普通に松茸を食べてます。

日本で食べるよりもとても安く、

レストランなんかではどこに行っても松茸の鍋料理などを提供しています。

なのでシャングリラへ行った際には、

お腹いっぱい松茸を食べて帰ってくるというのもありかも。

ひょっとすると日本で見かける中国産の松茸というのは、

ほぼほぼシャングリラから来ているんじゃないのかな?

雲南省は、松茸にプーアル茶にコーヒーと、

本当にいろいろな名産物がありますね。

しかも地元の人は食べ放題と、とても羨ましくなります。

僕は道端でキノコの手入れをしているおばさんと仲良くなり、

こっそりと、少し村から離れたキノコが採れるエリアまで連れていってもらいました。

どうせ沢山あるし無料だからと、とても得した気分になりました。

中国の人達は本当にいつも親切です。

スポンサーリンク

中国の雲南省にあるシャングリラを旅行、観光する際の注意点

中国の雲南省にあるシャングリラを旅行、観光する際に1つ注意すべき点としては「高山病」かも。

僕は今まで世界中のいろいろな標高が高い位置にある地域を周ってきてて、いろんな人に言われてきた事としては、

とにかく少しでも調子が悪いと感じたら、たくさん水分を取って、たくさん深呼吸をする事が大事。

もし高山病になってしまうと、せっかくの旅行も楽しめなくなるのはもちろん、下手すると旅行すらも出来なくなっちゃう。

たまに高山病でフラフラになっている旅行者を見かける事がありますが、とても可哀想で、

とても辛そうにしていて旅行どころではないのでは?と思ってしまう位。

どの国にも薬局に行けば、高山病に効くものなんかが販売されているので、

標高が高い地域、高地に向かう際には、一応念の為バッグの中なんかに入れておいても損はないはず。

スポンサーリンク

最後にまとめ

前回の「麗江(れいこう)」に関する記事を書いた際にも思った事なのですが、

麗江やシャングリラに行ってみていろいろと思う事は、

中国に関しては、古き良き物や文化を守るといった、そういう概念がまるでない気がしていてとても驚きます。

過去の歴史からかそういったものが原因で、DNAに組み込まれているものなのか何なのかはよく分かりませんが、

とにかく彼らは歴史あるもの、古き良き物、

そういったものを、何の躊躇も無しにバンバンと壊し、観光客向けに新しくバンバンと作り変えます。

最近はゲストハウスなどの宿泊施設が集まるエリアに関しては、開発がものすごく進んでたりして、

昔ながらの彫刻がきれいで、味と雰囲気のある門やドア等を古くなったからとわざわざ外して壊して、

新品ピカピカの、まだ色の浅い木材を使って新しくドアなどを作り直したり、

屋根や柱などは茶色く古くなっているのに対し、

門や看板だけがキレイでとても不自然極まりない。

古い物好きな僕からすると、非常に勿体ないと感じます。

昔からある古き良き物が、ここ最近だと特にバンバンなくなってきています。

僕らみたいな旅行者からすると、そういった状況はとても寂しいものではありますけど、

これも、致し方ない事なんでしょうね。

まぁこれは雲南省だけに限らず、中国全土に言える事ですけど、

そういった移り変わりの部分も含め、今の中国という国を楽しむといった楽しみ方もあるのかも。

中国は非常に開発速度が早い為、

もし古い建物や、昔の雰囲気などを肌で感じたいという人は、

そういった地域へは、今のうちに早めに訪れておいた方がいいかも。

(一般的な観光地などではなく、中国の突拍子もないような田舎に行けば、

未だに古く汚いものは、たくさん残されていたりはします)

シャングリラを越えて更に、北の四川省に入っていくと、

日本人はおろか、中国人観光客ですら少ないエリアになってきます(地域によっては、ほぼいない)

ただこの辺になると、人の顔つきも普通の中国人とか全く変わって魅力的に見えてきますね。

中国は広大でエリアによって、人の顔つきや文化も変わってくるので、旅行をしていて本当に楽しい国。

人々はいつも優しく面白く、毎度とても楽しませてもらっています。

景色の移り変わりが、とても激しい中国ですので、

僕も今のうちに出来るだけ早く、

いろいろな田舎の地域や古い物を、たくさん見て周りたいものだなーと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました