【初めての中国】旅行の準備に入れておくと便利なアプリや注意点など

man

困ってる人

中国旅行が初めてなんだけど、中国語が分からないから心配
何かコツとかあればいいんだけど

 

こんにちは、よろと申します。

旅行中に相手の言葉が分からない、こっちの言ってる事が全く伝わらない時というのは本当に大変、

という事で今回は、中国語が全く話せないという初心者の方でも、簡単に、

そして、快適に中国旅行が出来るようになる、便利な方法をいくつかご紹介。

今回の記事の内容は
・中国旅行をする際の注意点
・中国旅行のコツ・準備について(便利なアプリなど)

初めての中国旅行の注意点:中国旅行は、他の外国と比べても大変

中国旅行は中国語が出来る人からすれば、旅行をするのにはとても簡単、

ただ、中国語はおろか、英語しか話せない人からするとこれがなかなか大変。

中国を旅行するのが大変な理由というのが、まずいくつかあって、

・まず、言葉が通じない
・グーグルやラインなど、普段普通に使ってるアプリが使えない
・町中どこも漢字だらけで、道に迷う

基本的に中国人では英語が通じない。日本人も中国語が分からない → 意思の疎通が出来ない

まず中国では、英語を理解出来る人が割と少なく、旅行中に言葉のやり取りがままならず困ってしまう事が多々あるかも。

例えば、駅でバスや電車のチケットを買う時や、レストランで注文をする時など、

日本語が分かる人なんかは、もちろんゼロ、

しかも中国人は、こちらが中国語が理解出来ないとしても、何も気にせずに延々と中国語で話しかけてくる、

そこら辺が外国人が中国人に対して「疲れる…。」と感じる部分の一つでもあるみたい。

僕の友達の中国在住の外国人達も、みんな口を揃えてそんな感じ、

中国では、グーグル、ライン、フェイスブック、インスタグラム(Google, LINE, Facebook, Instagram)などが使えない

中国では、一部のインターネットのウェブサイトや、アプリの使用が禁止されていて、

その中でも主なものは、グーグル、ライン、フェイスブック、インスタグラムなどのアプリが使えない

なので、インターネットで調べ事をする時なんかにも、非常に困る事も多い、

日本や海外にいる家族や友人達と、連絡を取るという事もなかなか難しい。

なので、そんな場合は「VPN」というものを使えばOK。

VPNを使うのと使わないのとでは、中国旅行の快適さが本当に段違いで、インターネットの速度も爆上がり。

VPNの使い方や設定方法に関しては、またあとで説明。

町中どこを見渡しても、看板に書かれている文字も全てが漢字だらけ、何と書いてあるか全く意味が分からない

街中、どこを見渡しても漢字だらけ、なのでレストランを探すのも一苦労、

そして、目的地に辿りつけない事もしばしば、

駅についても、一体どこが切符を買う窓口なのかも分からない、

しかも、中国人に道を訪ねても、平気で嘘を教えてくる、

日本語の漢字と、中国語の漢字の意味が全く違っている場合も多い、

とても素敵でフレンドリーな中国人と、たまにウザい中国人

基本的に、中国人はお喋り好き、

外国人を見つけるやいなや、すぐに話しかけてくる(しかも中国語)

いくらこっちが疲れていようが、リラックスしたいと考えていたとしてもそんなのはお構いなし、

例えば、こちらがホステルなんかで、疲れて寝ているのにも関わらず、

こちらが外国人という理由だけで、無理矢理起こしてきて、ガンガンに話しかけようとしてくるし、

とりあえず、相手の暇潰しにガンガンに利用されるパターンが多い、

日本人以外の他の外国人でさえも、中国人と接するのは疲れるという位、

中国人の場合、インターネットや特定のアプリなんかも、

中国政府からかなりの制限をくらっている為、基本的には自国の常識しか知らないというのもあったり、

普段の生活の中で、外国人と接する機会があまりにも少な過ぎたり、

しかも、中国人はビザの問題等もあって気軽に海外に旅行に行ったりも出来ない、

なので、そこら辺は多少はしょうがない部分もあり、

ただ、いい人ももちろん多くて、見ず知らずなのにも関わらず、ご飯やお酒を奢ってくれたりという事もザラ。

中国人は基本的にフレンドリーなので、もし何かこっちが困っていたりすれば、割と助けてくれる事も多い、

そして、割と詐欺も多い。

なので、旅行をする際には、最低限の部分にだけ注意していれば、中国旅行はとても刺激的で楽しいものになるはず。

基本的に、治安はとてもいい。

初めての中国旅行前の準備・コツ、便利なアプリなど

それでは、中国を簡単に旅行出来るように、まず始めにやっておく事としては、

中国旅行をする際に、まずは必要なアプリをダウンロード

散々、中国旅行は大変だという話をしてきたのですが、

今回紹介する方法をいくつか試すだけで、中国旅行が本当に簡単で楽に。

その中でもまずは、携帯に入れておくととても便利なアプリを紹介。

WeChat・ウィーチャット(微信・ウェイシン)

WeChat(微信)とは、中国版の「LINE(ライン)」のようなもの、

中国では、ラインやフェイスブック、インスタグラムの使用が出来ないので、

中国人はこのWeChat(微信)を使って、みなさんメッセージのやり取りをしています。

中国人の方々は、買い物の支払いなんかも全てこの「WeChat(微信)」を使っています。

中国を旅行する際には、持っておいても損はないアプリ、

百度地図

基本的に、中国ではグーグルのサービスの全てが使えません、なので、

もちろんグーグルの地図も使えず、もしどうにか頑張って使ったとしても、

全く正確ではなく「百度地図」と比べると、精度がとても低い。

百度地図を使えば、かなり正確に目的地の検索や手順、目的地までかかる料金なども、

かなり細かく見る事が出来るので、中国を旅行する際には必ず入れておくべきアプリの一つ

中国でホテル探しをする時は、アゴダ(Agoda)とホステルワールド(Hostelworld)が便利

中国で、ホテルやホステル、ゲストハウスなどの安宿探しをする際には、

「アゴダ(Agoda)」「ホステルワールド(Hostelworld)」のアプリを、携帯にダウンロードしておくととても便利。

特に、アジア圏だと「アゴダ(Agoda)」を使った方が、登録されている宿泊先の数も多い。

ヨーロッパや、南米などのアジア以外の国だと「ホステルワールド(Hostelworld)」の方が宿の数も多く便利、

中国も、ホステルワールドのアプリである程度の宿泊先は探せる。

中国旅行でバスや電車、飛行機のチケットを探す時は、Ctrip(携程旅行)が便利

Ctrip(携程旅行)は、中国人も使っているアプリで、

チケットの空席や行き先、時間や料金も全て確認する事が出来るので、かなりおすすめ。

このアプリが無いと毎度毎度、駅の窓口まで足を運ばなくてはいけなくなってとても面倒、

バスや電車のチケットだけじゃなく、ホテルなんかも探せるというのもまたいい。

もしも中国でホテルが見つからない場合「艺龙旅行」アプリ

中国でホテル探しをする時には、上記で紹介した「アゴダ」「Ctrip(携程旅行)」を使っても、問題なく探せますが、

こちらの「艺龙旅行」に関しては、中国人が泊まるホテルを探す事が出来ますので、

もっと安くて、登録されている数も段違いに多い。

もしアゴダや、Ctrip(携程旅行)でホテルが見つからなかった時なんかに、こちらのアプリを使うといいかも。

言葉の分からない中国では、精度の高い「有道翻訳官」アプリが便利

「有道翻訳官」は、日本語と中国語の翻訳アプリで、意外と精度が高く、

これがあれば、お互いに日本語や中国語が分からなくても、中国人の方々と問題なく意思の疎通が取れます

それ位に翻訳が正確で、とても使いやすい、

こちらのアプリは、中国語の勉強をする際にもとても役立つはず。

中国でグーグル(Google)やライン(LINE)を使う時は、VPNアプリ「极速vpn」が便利

次は、上で紹介した「VPN」について、

中国で、グーグルやライン、フェイスブックやインスタグラムを使う場合、

「VPN」といった仕組みを利用しなくてはいけないのですが、

いまいち設定方法が難しかったり、日本にいる間に準備をしなくてはいけなかったりと、何かと不便、

そんな時には「极速vpn」というアプリを使えば、

ダウンロードをするだけで、インターネットがとても快適に使えるようになるのでおすすめ、

他にもいろんなアプリが沢山あるにはあるのだけれど、まともに使えないものも多い。

「极速vpn」に関しては、中国国内からもダウンロードが可能で、

とりあえず、初めの数日間は無料なので、試しに使ってみて、それから今後も使うかどうかを決めてみてもいいかも。

料金もとても安く、1ヶ月15元(240円)しかかからず、

中国の回線を通さない為、インターネットの速度もかなり上がる。

これさえあれば、まるで日本にいる時と同じ感覚でインターネットやアプリが使えるようになる。

中国のインターネットは、たった一つのページを表示するだけでも表示が遅過ぎて、とてもストレスが溜まりがち、

中国にいる間は、これ程便利なアプリは無いし、中国以外の国でも使える。

個人的には、必須アプリの内の1つ。

一つ注意点としては、15元を支払う時に「WeChat(微信)」のアプリが必要になるという事、

その場合、そこら辺の中国人に15元を渡して、自分のWeChatにお金を送ってもらえばOK、

同じホテルにいる人やホテルの窓口に、15元を渡してお願いしてみるというのもあり。

初めての中国旅行、中国国内で携帯電話のSIMカードの契約をすると安い

中国を旅行する際は、携帯のSIMカードの契約をするとかなり便利

そうしないと、一度外に出てしまうと、どこで電車に乗っていいのかも分からず、目的地に行く方法すらも調べる事が出来ずで大変、

最悪、自分のホテルにまで帰れなくなったり、いざ、そこら辺の中国人に道を聞いたところで、嘘しか教えてくれなかったり。

町中のどこを見ても漢字だらけで、一体何と書いてあるかも分からず、

ほとんどの中国人が、日本語も英語も話せないというパターンもわりかし多い。

なので、中国に行く際には、必ず始めにSIMカードは手に入れておくべき、

これがあるのと無いのとでは、旅行の便利さが段違い。

町のある程度大きめの「中国電信」という会社に行けば、手続きしてくれる所があるので、探してみるといいかも。

1ヶ月1000円以内のプリペイド式でかなり便利に沢山使えるので、おすすめ。

国際キャッシュカードの申し込みをしておく

国際キャッシュカードとは、簡単に説明をすると世界中のどこに行ってもATMさえあれば、

いつでもどこでも日本にいる時と同じ感覚で、世界中のATMで現地のお金を下ろせるというものでとても便利、

これさえ持っていれば、世界中どこでも旅行が出来るようになるというもの。

現地でお金を下ろしても、日本円でのレートも勝手に計算してくれたり、

下手に外国で日本のお金を両替して手数料を取られるよりも、安くて便利。

もし外国でカードを使うのが不安だという人は、携帯のアプリを使って、

その都度、残高を確認する事も出来て、お金の振り込みや支払いもとても簡単。

海外旅行をする際にはとても便利なもので、日本にいても普通の銀行のカードと同じように使える

今時、持っていない人はいないのではないか?という位に便利で手続きも簡単に手に入るカード。

中国を旅行中はメモ帳で筆談、買い物中にもとても便利

中国を旅行する際には、メモ帳が一つあると便利。

日本人はある程度の漢字が書けるので、紙に書いて中国人に見せれば、

相手が自分の言いたい事を理解してくれる事も多い。

日本円で1000円札を用意(空港で交通費用に両替をする為)

いくら国際キャッシュカードを持っていたとしても、

空港に、自分が持っているカードに対応したATMがなければまるで意味が無い、

小さい空港なんかはATMが無かったりもする、

日本円でせめて1000円札さえ持っていれば、いざATMが無かったとしても、両替所で中国のお金に両替をする事が可能。

これは中国に限らず、他の国においてもあてはまります。

僕は以前、空港から市内に行くまでのお金が一銭も無く、

乞食をして、見ず知らずの赤の他人からバス代をもらった事があるので、

(中国のバス代は、大体1元(17円)のところが多い。)

そういった事にならない為にも、念のため、

あらかじめ、日本のお金をいくらか持っておいた方がいいかも。

(空港に、海外のキャッシュカードに対応したATMさえあれば全く問題はない。)

最後に

それでは今回は、中国旅行を出来るだけ楽に、初心者でも楽しく旅行を出来るようにという事で書いてみましたが、

今回の内容を簡単にまとめると、

・携帯に必要なアプリをダウンロードしておく
・SIMカードを手に入れておけば、怖いものなし
・国際キャッシュカードがあればもっと便利に

 

あと、豆知識として、携帯は常に機内モードにしておけば、充電が信じられない位に長持ちします、

機内モードにしておいても、Wi-Fiに繋ぐ事は出来ますし、

カフェなんかではWi-Fiに繋ぎつつ、機内モードでインターネットを楽しみましょう。

本当に、充電の持ちが段違いなので。

特に、海外では携帯電話が無いととても不便な場面も出てくる事もあるので。

終わり。