【膵炎・食事ブログ】コーヒーって飲んでいいの?悪い?おすすめはオーガニックとその理由

man

困ってる人

膵炎になっちゃったんだけど、もう一生コーヒーって飲めないのかなぁ?

体調によってはコーヒーも飲めますし、ノンカフェインなら特に問題はありません
ですので、本日は膵炎患者のためのコーヒーの選び方とコーヒーを飲むメリットについてご案内致しますね

operator

オペレーター

 

という事で、こんにちは。

以前「重症急性膵炎」というものになってしまったくせに、

未だにコーヒー中毒の、ヨロです。

今回は、そんな僕のような、膵炎持ちなのにも関わらずコーヒー中毒という人のための「コーヒーの選び方」

という事で、まず初めに結論から言うと、

  • ノンカフェインコーヒー(デカフェ)なら安心
  • オーガニックのものを選ぶともっといい

 

ここでわざわざ「オーガニック」のものをおすすめする理由としては、

  • カフェインを取り除く際に使用する薬剤の毒性が気になる
  • 普通のコーヒーとオーガニックのもので値段がほとんど変わらない

 

今回は、そういった薬剤についての話をメインに、

なぜわざわざ「ノンカフェインコーヒー」に関しては「オーガニック」のものを選ぶ方がいいのか?という事について

あとは、コーヒーを飲むメリットについても軽く触れてみました。

【膵炎治療ブログ】膵炎患者が教える食べてはいけないもの、食事について(再発予防)

【膵炎・食事ブログ】膵炎とコーヒーの関係性は未だにはっきりと分かっていない事も多い

膵臓や膵炎に関しては、まだはっきりと分かっていない事がとても多くて、一度悪くしてしまうと、とても厄介な内臓、

コーヒーと膵炎の関連性については、インターネット上の情報や、医者の先生の話、あとは自分の経験からすると、

まず、一般的に「膵炎患者」にとって「カフェイン」は良くないと言われてるものがあったり、

かと言って、一方では「コーヒー」は、健康的なメリットも大きく、膵炎予防にも効果的などと言われていたりと様々、

でもまぁ、ここに関しては人によっても合う合わないがあるので、僕の経験上、

とりあえず「膵炎持ち」に関しては「コーヒー」は控えた方が無難、

それでもやっぱり「コーヒー」を飲むと落ち着くし、コーヒーのリラックス効果や健康効果は高く、メリットはとても多い、

「コーヒー」には適度にポリフェノールも含まれていたり、それは「ノンカフェイン」でも同じ。

ただ、普通のコーヒーなら何も気にしなくてもいいところ「ノンカフェインコーヒー」ともなると、

カフェインを取り除く際の方法によっては、いろんな薬剤を使っているパターンもあり、

一概に「ノンカフェインコーヒー」なら何でもいいよ、とも言えない部分もある、

ノンカフェインコーヒーを買う時の注意点

カフェインを取り除く方法は、大まかに分けると、

  • 水に浸ける
  • 二酸化炭素を使う
  • 酢酸エチル(エチルアセテート法)
  • ジクロロメタン(塩化メチレン、メチレンクロライド)

 

この中の「水に浸ける」「二酸化炭素」を使用するという点については、

薬剤などの危険性はなく、問題はなし、

水で抽出する場合は、生の豆が水に浸される時にカフェインが水中に溶けだす、ただその際に同時にコーヒーの香りも外に抜け出す。

「二酸化炭素」の場合は、CO2がカフェインを狙って取り除くので、比較的おいしさはそのままとの事。

今回、ここで問題になるのが「酢酸エチル」「ジクロロメタン」

ジクロロメタン(塩化メチレン、メチレンクロライド):個人的には問題あり

僕の場合は、何か食べ物や添加物を選ぶ際には「国際がん研究機関(IARC)」の情報を元に決める事も多く、

「ジクロロメタン(dichloromethane)」「その国際がん研究機関(IARC)」では「Group2A」に位置されていて、

この「グループ2A」というのは、ヒトに対する発癌性がおそらくあるとされているもの。

ここではあんまり詳しい事は書きませんけど、

「厚生労働省」なんかも「ジクロロメタン」は発がん性があるよと言っていたり、

この成分に関しては、どの資料を見ても「有害で発がん性がある」と書かれているようなものばかり、

僕の場合「コーヒー」は毎日飲むものなので、わざわざそういったものを、今後も好んで買う必要はないのかなぁと、

という事で「ジクロロメタン(塩化メチレン、メチレンクロライド)」を使用してそうなものは買わない。

酢酸エチル(エチルアセテート法):個人的には問題あり

次に「酢酸エチル」

コーヒー豆からカフェインを取り出す際には「エチルアセテート法」という方法を取る事もあり、

この「酢酸エチル」に関しても、明らかに毒性があると言われているため、これもパス。

これらに関して厄介なのが、メーカーにはカフェインの分離方法を表示する義務がないという点、

なので、言い換えれば「やりたい放題」

とはいえ、それらの薬剤に関してはきちんと規制もされているはずなので、基本的にはそこまで気にする程のものでもないのかもだけど、

少なくともオーガニックの認証を受けていれば、農薬も溶剤も使ってないよという印にはなる、

しかも、普通のものもオーガニックのものも、値段がそこまで変わらない。

それなら別に、今後も毎日ずっと飲み続けていくものなので、別にオーガニックのものでも問題はないなぁという結論。

ただでさえ膵臓がやられてるのに、もうこれ以上、訳の分からない負担はかけたくないなぁと。

コーヒーを飲むメリット

  • 糖尿病や心疾患、癌(特に肝臓がん)などの予防になる
  • 記憶力を良くし、アルツハイマーなんかの予防にもなる
  • 運動をする人にとっても良い(パフォーマンスを上げる)

 

これらに関しては「ノンカフェイン」のものでも、しっかりとコーヒーの健康的メリットはあると言われていて、

どうやら、コーヒーの抗酸化成分やポリフェノールがいいとの事、

(コーヒーのポリフェノール量は、緑茶のおよそ3倍)

ただ、妊婦さんや子供にはあまり良くないようなので注意。

膵炎持ちの人にもOK, ノンカフェインコーヒーのおすすめ商品【オーガニック】

という事で、今回の内容を含めておすすめ出来る「コーヒー」は、

粉タイプのノンカフェインのオーガニックコーヒー

まずは粉タイプのもので、個人的に一押しなのは、

マウント ハーゲン オーガニック フェアトレード カフェインレス ロースト&グラウンド コーヒー 250g(アマゾン)

そして次にさっぱり系の、

ウィンドファーム有機栽培カフェインレスコーヒー粉 200g(アマゾン)

豆タイプのノンカフェインのオーガニックコーヒー

次に豆タイプのものになると、アマゾンだと選択肢がちょっと少な目で、

そんな中でも選べるものとしては「ウィンドファーム有機栽培カフェインレスコーヒー豆 200g」位のもの。

ノンカフェインのインスタントコーヒー(オーガニック)

次に、自分で入れたり豆を挽いたりというのはめんどくさい!といった場合には、

アマゾンでも一番人気の「マウントハーゲン オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー100g インスタント

マウントハーゲンはヨーロッパでも有名なメーカーなので安心。

僕の場合は、毎朝豆をガンガンに削って「エスプレッソメーカー(モカポット)」でアイスコーヒーを作ったり、

フレンチプレス」で一度に大量に作ったりもするので、豆タイプのものを買う事が多いかも。

【膵炎・食事ブログ】コーヒーって飲んでいいの?悪い?おすすめはオーガニックとその理由:最後に

僕は、基本的には「アマゾン」と「アイハーブ」でしか買い物をしないので、

特に「アイハーブ」なんかは、化粧品にしてもプロテインにしても、何に関しても安過ぎ。

アイハーブ」なんかはほんの数日で届くし、質も値段もいい、

しかもある程度まとめて買えば、送料も無料。

化粧品に関しても、基本的には「ニベアの青缶」「レチノール」「ハイドロキノン」のみ、

世の中いろんな化粧品が売られていますが、正直これら以外のものは全て、金の無駄位に思っています。

プロテインに関しても、調理用の油も「アイハーブ」一択。

クルミ油」だったり「アボカドオイル」だったりと、種類も豊富。

これらは実際に、僕も使っているもの。

膵臓が悪いからとあまりに油を摂らないのも、栄養不足になりがちで、便秘にもなりがち、

なので、もし摂れるものなら出来るだけ摂れる範囲で、質の良い油を摂っていきたいなと考える派。

便秘気味や、便が固くて困っているという人には「イヌリン」なんかもおすすめ。

過去の「イヌリン」に関する記事はこれ、

日本人の食物繊維不足の味方、便秘、便が固い、低脂質ダイエット中の人にも効果的

「コーヒー」は健康的なメリットも沢山ある飲み物なので、今後も上手に付き合っていきたいもの。

でもまぁ何だかんだで、やっぱり一番悪いのは「ストレス」なのだろうなぁ。