GitHubの使い方, 入門, 練習, 設定方法・チュートリアル【Windows】

man

困ってる人

GitHubって何?
使い方や設定、ファイルのアップロードの方法が分からない


こんにちは、よろと申します。

今回の記事は、前回の「Git」のインストールや設定方法、GitGitHubの違いについてなどの記事の続きで、

「GitHub」の使い方や設定について、軽くまとめてみました。

「Git」「GitHub」の違いや「Git」の設定方法についての記事は↓

Gitのインストールから使い方, 入門, 練習, 設定方法・チュートリアル【Windows】

今回の内容は
・GitHubの設定方法
・GitHubのリポジトリの作成方法
・GitHub公開鍵、秘密鍵(SSH接続)の設定方法
・ファイル、ソースコードをリモートリポジトリ(GitHub)にアップロード(プッシュ)
・リポジトリの削除方法

GitHubの使い方、設定方法・リポジトリを作成【Windows】

GitHub」の登録に関してはこちらから ↓

https://github.com/

ID、メール、パスワードで登録し、とりあえずは無料プランでOK。

そうしたらまずは、リポジトリを作る方法、

GitHubトップページから「Start a project」

もしくは、画面右上の「Your profile」

「Repositories」タブ → 緑色の「New」ボタン。

そうすると、Create a new repositoryの画面が表示される。

「Repository name」→ ここでリポジトリの名前を決める

「Description」→ 必要であれば

とりあえずは、Publicを選択(Privateは有料版)

「Initialize this repository with a READ ME」→ もし必要であれば

「Add .gitignore」「Add a license」は後からでも追加は可能なので、とりあえずは「None」

全ての入力が終わったら「Create repository」をクリックでレポジトリは出来上がり。

【GitHubの使い方】公開鍵, 秘密鍵の作り方(SSH接続):作成方法【Windows】

画面右上「Settings」「SSH an GPG keys」

「SSH an GPG keys」とは、GitHubと自分のコンピュータのやり取りをするための鍵を保存しておく場所、

そうしたら、画面右上の「New SSH key」をクリック、

「Title」は、自分で分かりやすいものを入力、

「Key」に関しては、コマンドプロンプトを開いて「cd ~/.ssh」でディレクトリ(階層)を移動、

もしもファイルがない、移動出来ない場合は、新しく作る必要があるので、

スタートメニューから「Git Bash」を開く、

「which ssh-keygen」

「mkdir ~/.ssh && cd ~/.ssh」

「ssh-keygen -t rsa」

これらのコマンドを入力すると、鍵の保存先を聞かれる。

キーを保存するファイル名は、自分が分かりやすいものなら何でもOK(デフォルトの名前だと、id_rsa)

今回は試しに、github_id_rsaという名前で入力、

そうすると、Enter passphrase (empty for no passphrase):

という風に、パスフレーズの入力を求められるが、そのままエンターキー2回でOK。

そうすると、自動的に2種類のキーが生成される。

・ファイル名(今回だと、github_id_rsa)
・ファイル名.pub(今回だと、github_id_rsa.pub)

※不可視ファイルなので、表示はされない。

GitHubに登録するのは、ファイル名.pubの方なので、

「less github_id_rsa.pub」で、ファイル名.pubを開く。

そうすると、自動的にキーが生成される、

表示されたキーをコピーして、さっき開いたGitHubの「Key」の部分に貼り付ける。

「Add SSH key」をクリックで、キーの登録は完了。

【GitHub 基本的な使い方】ファイル、ソースコードをリモートリポジトリ(GitHub)にプッシュ(アップロード)

cdコマンドで、プロジェクトフォルダまで移動、

git init

GitHub」のトップページを開く、

Repositories → 緑色のNewボタン

Repository nameを決める。

「Create Repository」ボタン。

表示されたURLは、
→ ローカルリポジトリとリモートリポジトリを紐づけるために必要。

赤枠の中に説明が書いてあるので、その通りにやればOK。

git remote add origin 表示されたURLをコピーで貼り付け。

git push origin master

んで、GitHubを更新するとファイルの反映がされている。

リポジトリの削除方法・Windows【GitHubの使い方, 入門, 練習, 設定方法】

次に、GitHub上のリポジトリの削除方法について、

まずは、リポジトリページに移動。移動方法は、

画面一番右上の「Your Repositories」

もしくは、GitHubトップページに「Repositories」の一覧が表示されているので、そこから選択。

「Settings」タブ「Delete this repository」

リポジトリ名を入力し、削除でOK。

おまけ

コマンドプロンプトに関しては、もし前に打ったコマンドを再度入力したいといった場合、

↑キーを押して探していけば、過去に入力した分の履歴を順番に表示させる事が出来るので、毎度1から手入力する必要はない。

とりあえず、GitHubの設定方法に関しては今日はここまで。

プログラミングが難しい, 挫折した, 勉強法が分からないという人におすすめのプログラミングスクール