GitHubの使い方, 入門, 練習, 設定方法・チュートリアル【Windows】

スポンサーリンク
man

困ってる人

GitHubって何?
使い方や設定、ファイルのアップロードの方法が分からない


こんにちは、ヨロと申します。

今回の記事は、前回の「Git」のインストールや設定方法、GitGitHubの違いについてなどの記事の続きで、

「GitHub」の使い方や設定について、軽くまとめてみました。

「Git」「GitHub」の違いや「Git」の設定方法についての記事は↓

Gitのインストールから使い方, 入門, 練習, 設定方法・チュートリアル【Windows】

今回の内容は
・GitHubの設定方法
・GitHubのリポジトリの作成方法
・GitHub公開鍵、秘密鍵(SSH接続)の設定方法
・ファイル、ソースコードをリモートリポジトリ(GitHub)にアップロード(プッシュ)
・リポジトリの削除方法

スポンサーリンク

GitHubの使い方、設定方法・リポジトリを作成【Windows】

GitHub」の登録に関してはこちらから ↓

GitHub: Where the world builds software
GitHub is where over 65 million developers shape the future of software, together. Contribute to the open source community, manage your Git repositories, review...

ID、メール、パスワードで登録し、とりあえずは無料プランでOK。

そうしたらまずは、リポジトリを作る方法、

GitHubトップページから「Start a project」

もしくは、画面右上の「Your profile」

「Repositories」タブ → 緑色の「New」ボタン。

そうすると、Create a new repositoryの画面が表示される。

「Repository name」→ ここでリポジトリの名前を決める

「Description」→ 必要であれば

とりあえずは、Publicを選択(Privateは有料版)

「Initialize this repository with a READ ME」→ もし必要であれば

「Add .gitignore」「Add a license」は後からでも追加は可能なので、とりあえずは「None」

全ての入力が終わったら「Create repository」をクリックでレポジトリは出来上がり。

スポンサーリンク

【GitHubの使い方】公開鍵, 秘密鍵の作り方(SSH接続):作成方法【Windows】

画面右上「Settings」「SSH an GPG keys」

「SSH an GPG keys」とは、GitHubと自分のコンピュータのやり取りをするための鍵を保存しておく場所、

そうしたら、画面右上の「New SSH key」をクリック、

「Title」は、自分で分かりやすいものを入力、

「Key」に関しては、コマンドプロンプトを開いて「cd ~/.ssh」でディレクトリ(階層)を移動、

もしもファイルがない、移動出来ない場合は、新しく作る必要があるので、

スタートメニューから「Git Bash」を開く、

「which ssh-keygen」

「mkdir ~/.ssh && cd ~/.ssh」

「ssh-keygen -t rsa」

これらのコマンドを入力すると、鍵の保存先を聞かれる。

キーを保存するファイル名は、自分が分かりやすいものなら何でもOK(デフォルトの名前だと、id_rsa)

今回は試しに、github_id_rsaという名前で入力、

そうすると、Enter passphrase (empty for no passphrase):

という風に、パスフレーズの入力を求められるが、そのままエンターキー2回でOK。

そうすると、自動的に2種類のキーが生成される。

・ファイル名(今回だと、github_id_rsa)
・ファイル名.pub(今回だと、github_id_rsa.pub)

※不可視ファイルなので、表示はされない。

GitHubに登録するのは、ファイル名.pubの方なので、

「less github_id_rsa.pub」で、ファイル名.pubを開く。

そうすると、自動的にキーが生成される、

表示されたキーをコピーして、さっき開いたGitHubの「Key」の部分に貼り付ける。

「Add SSH key」をクリックで、キーの登録は完了。

スポンサーリンク

【GitHub 基本的な使い方】ファイル、ソースコードをリモートリポジトリ(GitHub)にプッシュ(アップロード)

cdコマンドで、プロジェクトフォルダまで移動、

git init

GitHub」のトップページを開く、

Repositories → 緑色のNewボタン

Repository nameを決める。

「Create Repository」ボタン。

表示されたURLは、
→ ローカルリポジトリとリモートリポジトリを紐づけるために必要。

赤枠の中に説明が書いてあるので、その通りにやればOK。

git remote add origin 表示されたURLをコピーで貼り付け。

git push origin master

んで、GitHubを更新するとファイルの反映がされている。

スポンサーリンク

リポジトリの削除方法・Windows【GitHubの使い方, 入門, 練習, 設定方法】

次に、GitHub上のリポジトリの削除方法について、

まずは、リポジトリページに移動。移動方法は、

画面一番右上の「Your Repositories」

もしくは、GitHubトップページに「Repositories」の一覧が表示されているので、そこから選択。

「Settings」タブ「Delete this repository」

リポジトリ名を入力し、削除でOK。

おまけ

コマンドプロンプトに関しては、もし前に打ったコマンドを再度入力したいといった場合、

↑キーを押して探していけば、過去に入力した分の履歴を順番に表示させる事が出来るので、毎度1から手入力する必要はない。

とりあえず、GitHubの設定方法に関しては今日はここまで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました