WordPressテーマの作り方【HTMLをワードプレス化で自作する】

スポンサーリンク

man

困ってる人
自分で作ったサイトにワードプレスの機能を取り入れるには、一体どうやればいいんだろう?
PHP?とかあんまり難しい事は分からないんだけど

 

こんにちは、ヨロと申します。

という事で今回、シンプルなWordPressテーマを作ってみました。

今見ていただいている、こちらブログのテーマが今回自作したものになるのですが、

今回は、WordPressテーマを作る際に参考にしたサイトや、勉強方法、手順を、自分なりに大まかにまとめてみました。

まず、WordPressテーマを作るにあたって必要な事は、

  • HTMLとCSSをある程度理解できる。
  • WordPressでブログをやった事のある、もしくは、触った事がある。
  • 基本的なWordPressとPHPの知識がある。

もし、HTMLやCSSが分からないという人は、「Progate(プロゲート)」「ドットインストール」などで勉強するといいでしょう。

「WordPress」と「PHP」に関しても「ドットインストール」で勉強できます。

 

スポンサーリンク

WordPressテーマを作るための手順【ワードプレス化する方法】

WordPressテーマを作る手順を大まかに説明すると、

  • 1. XAMPP(ローカル環境)にWordPressをインストール
  • 2. WordPressの設定
  • 3. HTML、CSSのファイルの準備
  • 4. 作成したHTMLファイルをワードプレス化(ファイルの分割 → index.phpを分けていく作業)

今回紹介するのは4番目の、HTMLファイルをWordPress用に分割していく作業になりますね。

今回の内容は「ドットインストール」の動画を見ながら、自分で実際に入力をしながらまとめたものなので、

もし、自分で動画を見ながら一から入力するのが面倒だという人は、下にHTMLとCSSを書いたものを用意しておきましたので、そちらを利用するといいでしょう。

Windowsローカル環境(XAMPP)にWordPressをインストール

【今回使うテーマのHTML, CSSのコード】

See the Pen
ZwEaWp
by みあちゃん❤️Web制作始めました (@malg_tw)
on CodePen.

スポンサーリンク

WordPressテーマを作るためにファイルを準備し、分割していく

①「index.html」のファイル名を「index.php」に変更

まずは、自分のパソコンの「C:ローカルディスク」 → 「xamppフォルダ」の「htdocs」の中の「wordpress(自分で作ったデータベースのフォルダ)」の「wp-content」の中の「themes」フォルダの中に、今回新しく作るWordPressテーマ用のフォルダを作る

このフォルダの中に、自分で作ったWordPressテーマ用の「HTML(index.html)」「CSS(style.css)」、画像ファイルなどを全て入れ、

「index.html」のファイル名を「index.php」に変更

②「style.css」にヘッダー情報を入れる

https://codex.wordpress.org/Theme_Development」にアクセスすると、

Theme Name: Twenty Thirteen
Theme URI: http://wordpress.org/themes/twentythirteen
Author: the WordPress team
Author URI: http://wordpress.org/
Description: :::::
Version: 1.0

*/
こういった感じのものが書いてあるので、この部分をコピーして「CSSファイル(style.css)」に貼り付け、内容を書き換える。
/*

Theme Name: テーマの名前を入力
Theme URI: http://テーマのURLを入力
Author: 作者の名前
Author URI: http://作者のURLを入力
Description: テーマの説明など
Version: 1.0

*/
このようにCSSファイルのヘッダー情報を書き換える事により、自分のWordPressテーマが適用出来るようになる。

※ファイルへのアクセス(ログイン)方法は、http://localhost/WordPress用に作ったフォルダの名前/wp-admin/

③WordPress用のファイルを準備する

①で作ったフォルダの中に、「header.php」「footer.php」「sidebar.php」「functions.php」を新しく作る。

④ファイルの分割 – 「header.php」

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset=”utf-8″>

<title>はじめてのWordPress</title>

<link rel=”stylesheet” href=”css/stylesheet.css”>
<link rel=”stylesheet” href=”css/responsive.css”>
</head>

<body>
<div id=”header” class=”container”>
<h1><a href=””>はじめてのWordpress</a></h1>

<ul class=”menu”>
<li><a href=””>menu</a></li>
<li><a href=””>menu</a></li>
<li><a href=””>menu</a></li>
</ul>

</div> <!– HEADER –>
上記のHTMLのヘッダー部分をカットして「header.php」に貼り付け。

そして、切り取った部分には、
<?php get_header(); ?>
と書く。

(これを入れる事によって「index.php」が読み込む時に、自動的に「header.php」を読み込んでくれる)

⑤「sidebar.php」「footer.php」

次に、サイドバー部分、
<div id=”sidebar” class=”container”>
<div class=”widget”>
<h3>カテゴリー</h3>
<ul>
<li><a href=””>アイテム</a></li>
<li><a href=””>アイテム</a></li>
<li><a href=””>アイテム</a></li>
</ul>
</div> <!– WIDGET –>
</div> <!– SIDEBAR –>
HTMLのサイドバー部分を切り取り、
<?php get_sidebar(); ?>
と書き、切り取った部分はそのまま「sidebar.php」に貼り付け。

そして次に、フッター部分「footer.php」、
<div id=”footer” class=”container”>フッター</div>

</body>
</html>
を切り取り、 切り取った部分に
<?php get_footer(); ?>
を貼り付け。

スポンサーリンク

WordPressテーマ(ファイル全体)にCSSが適用されるように、ヘッダー部分を修正

「header.php」
<link rel=”stylesheet” href=”style.css”> を、

<link rel=”stylesheet” href=”<?php echo get_stylesheet_uri(); ?>”>
に変更する事で、ファイル全体にCSSが適用される。

次にスマートフォン用のCSSファイルを読み込ませたい場合は、
<link rel=”stylesheet” href=”<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/responsive.css” type=”text/css”>
こんな感じでOK。

そして次にタイトル部分、
<title>はじめてのWordPress</title>

<title><?php wp_title(‘|’, true, ‘right’); bloginfo(‘name’); ?></title> に変更。
次に、

「header.php」「h1」(ブログタイトル部分)
<h1><a href=””>はじめてのWordpress</a></h1>

<h1><a href=””><?php bloginfo(‘name’);?></a></h1>
に書き換え。

そして次に、リンク部分
<a href=””> に、<?php echo home_url(‘/’); ?> を追加し、

<a href=”<?php echo home_url(‘/’); ?>”> という風にする

⑥固定ページのメニューバー部分「functions.php」

固定ページのメニューバー部分は、管理画面からいろいろとカスタマイズ出来ると便利なので、その為には「functions.php」を作る必要がある、

「functions.php」に
<?php

add_theme_support(‘menus’);
と入力。

次に、

「header.php」の、メニュー部分、
<ul class=”menu”>
<li><a href=””>menu</a></li>
<li><a href=””>menu</a></li>
<li><a href=””>menu</a></li>
</ul> を切り取り、

<?php wp_nav_menu(); ?>
と書く。(切り取ったメニュー部分は必要ない)

※これをやる事によって、ワードプレスの管理画面の「ダッシュボード」→「外観」→「メニュー」から固定ページを追加出来るようになる。

そして、「header.php」に、
<?php wp_head(); ?> と入力

※これがないと動かないプラグインなんかが出てくる。書く場所は</head>の手前でOK。

⑦サイドバーをウィジェット対応にする「functions.php」

サイドバーをウィジェット対応にする為に「functions.php」に、
register_sidebar(
array(
‘before_widget’ => ‘<div class=”widget”>’,
‘after_widget’ => ‘</div>’,
‘before_title’ => ‘<h3>’,
‘after_title’ => ‘</h3>’,
)
);
と追加する事によって、ワードプレス管理画面(ダッシュボード)に「ウィジェット」が追加される。

⑧ウィジェットを呼び出すようにするには「sidebar.php」

実際に、ウィジェットを呼び出す場合は「sidebar.php」の、
<div class=”widget”>
<h3>カテゴリー</h3>
<ul>
<li><a href=””>アイテム</a></li>
<li><a href=””>アイテム</a></li>
<li><a href=””>アイテム</a></li>
</ul>
</div> <!– WIDGET –>

このウィジェット部分を削除し、

<?php dynamic_sidebar(); ?>と書く

記事一覧部分(POST部分)「index.php」

記事一覧(POST部分)を何度も繰り返す仕様にするために「index.php」の
<div class=”post”></div>
の前後に「PHP」で、ループ(繰り返し処理)の指示を出してやる必要がある。

「index.php」の、
<div class=”post”>
の手前部分に、
<?php
if (have_posts()) :
while (have_posts()) :
the_post();
?>
次に、
<div class=”post”></div>
この閉じタグ部分の後に、
<?php
endwhile;
else:
?>

<p>記事はありません</p>

<?php
endif;
?>
と追加(このループ命令文の中に記事がある間はずっと繰り返すという指示)

記事タイトルと日付、カテゴリー部分

次に、記事タイトル部分、
<h2><a href=””>タイトル</a></h2>

<h2><a href=”<?php the_permalink(); ?>”><?php the_title(); ?></a></h2> に変更。
次に、日付の部分とカテゴリの部分、
<div class=”post-meta”>2018年12月12日 【カテゴリ】</div> を、

<div class=”post-meta”><?php echo get_the_date(); ?> 【<?php the_category(‘, ‘); ?>】</div> に変更。

※<?php echo get_the_date(); ?> は、日付に適用

※<?php the_category(‘, ‘); ?> はカテゴリー部分に適用
次に、本文の抜粋部分、
<p>本文。本文。本文。</p> を、

<?php the_excerpt(); ?> に変更。

アイキャッチ画像を管理画面から指定出来るように

アイキャッチ画像も、管理画面から指定が出来ると簡単で便利なので「functions.php」に、
add_theme_support(‘post-thumbnails’);
を追加する事によって、投稿画面からアイキャッチ画像を指定出来るようになる。

そして次に、
<div class=”post-image”></div> の中、

<img src=”/image/img-1.jpg.webp” width=”100″ height=”100″></div> の部分を、

<?php if (has_post_thumbnail()) : ?>

<?php the_post_thumbnail(array(100, 100)); ?> <!– ここで数字を入力し、サイズを調整出来る –>

<?php else: ?>

<img src=”<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/image/img-1.jpg.webp” width=”100″ height=”100″></div> <!– ここは何も画像を指定しなかった時に表示させたい画像 –>

<?php endif; ?>
そして、画像のリンク部分に
<?php the_post_thumbnail(); ?>
を追加する事によって、サムネイル画像を取得出来るようになる。

ナビゲーション部分とフッター部分

そして、次にナビゲーション部分、
<div class=”prev”>前へ</div>

<div class=”next”>次へ</div>

<div class=”prev”><?php previous_posts_link(); ?></div>

<div class=”next”><?php next_posts_link(); ?></div>
というタグを必ずループの外に書く。

そして、次にフッター部分を変更、
<div id=”footer” class=”container”>
Copyright 2012<?php if (date(“Y”)!=2012) echo date(“-Y”); ?> All rights reserved, dotinstall.com
</div>
と書く事により、年が変われば自動的にフッターの日付も変わるようになる。

そして、BODYの閉じタグ の手前に必ず、
<?php wp_footer(); ?>
を入れる。

(これを入れないとフッターが表示されなかったり、動かないプラグインが出てくる事もある)

個別記事部分「single.php」

個別記事部分は、見た目がほとんど「index.php」と同じなので、

「index.php」をフォルダ内でコピーして、名前を「single.php」に変える。

そして、個別記事部分にはアイキャッチ画像は必要ないので、
<div class=”post-image”>
<?php if (has_post_thumbnail()) : ?>
<?php the_post_thumbnail(array(100, 100)); ?> <!– サイズを調整出来る –>
<?php else: ?>
<img src=”<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/image/img-2.jpg.webp” width=”100″ height=”100″> <!– ここはそれ以外の時に表示させたい画像 –>
<?php endif; ?>
</div>

<div class=”post-body”> <!– 抜粋部分 –>
<?php the_excerpt(); ?>
</div>
を削除し、post-contentクラスの中に、
><?php the_content(); ?> を追加。

<div class=”post-content”>
<?php the_content(); ?>
</div>
次に「single.php」のナビゲーション部分に関しては、
<div class=”navigation”>
<div class=”prev”><?php previous_posts_link(); ?></div>
<div class=”next”><?php next_posts_link(); ?></div>
</div>

の「s」を外し、

<div class=”navigation”>
<div class=”prev”><?php previous_post_link(); ?></div>
<div class=”next”><?php next_post_link(); ?></div>
</div>
という風に変更し、そのままループの中に入れてあげる必要がある。

(今回の場合だとpostの後、endwhileの手前にこのコードを追加する)

固定ページ「page.php」

固定ページは「single.php」をコピーして、名前を「page.php」に変更

時系列部分
<div class=”post-meta”></div>
と、

ナビゲーション部分(次へ、前へ)
<div class=”navigation”></div>
は、必要ないので削除。
【時系列部分】

<div class=”post-meta”>
<?php echo get_the_date(); ?> 【<?php the_category(‘, ‘); ?>】
</div>
【ナビゲーション部分】

<div class=”navigation”>
<div class=”prev”><?php previous_post_link(); ?></div>
<div class=”next”><?php next_post_link(); ?></div>
</div>

削除したら、
<p>記事はありません</p>の部分を、

<p>ページはありません</p> に変更する。

スポンサーリンク

最後に

という風に今回は、HTML、CSSのファイルをWordPressテーマ用に変換するという作業を大まかにまとめてみました。

ただ、実際に動画を見ながらそのままやるのと、実際に一から作ってみるのとでは、

かなりの違いがありますので、一度試しにシンプルなテーマでも作ってみるといいでしょう。

あと、作業をしていてもし分からない事があれば「Teratail(テラテイル)」に登録をしておいて、すぐさまこちらで質問をしてみるといいです。

※「Teratail(テラテイル)」とは、Yahoo!知恵袋のような質問箱のサービス。

プログラミングを独学をしている人にとっては登録必須のサービスですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました