【薄毛治療ブログ】AGA対策、ミノキシジルなどの内服薬の耐性について!対策方法【はげ・育毛剤】

スポンサーリンク

という事で今回は、元薄毛のはげだった僕が、AGA対策に関する内服薬(飲み薬)である「ミノキシジルタブレット」や、

フィナステリド、プロペシア、フィンペシアなどに対しての耐性についての話と、治療、対策方法について書いてみました。

こういった育毛に関する内容については、僕のユーチューブの動画内でも散々話していたりしますので、

もし興味があれば、ぜひ一度覗いてもらえればと。

育毛剤、はげ薬に関する耐性がついてしまった場合は、一体どうすればいいのか?というのが、この記事を見れば分かります。

スポンサーリンク

育毛治療、AGA対策の内服薬の耐性はどれくらいからつくの?期間は?

まずは、AGA対策、治療の際に服用する内服薬、

例えば「ミノキシジル」や「フィナステリド」などを使用して、一体どれくらい経つと耐性がつくのかについては、

もちろん、その人の体質にも寄る部分もあるのだけれど、僕や僕の周りの人達の話を聞くと、

大体1年位から耐性がついてきて、その後育毛薬の効果が切れてきて、また徐々に髪が抜けていき、はげていく。

なので、その時点で育毛を諦めてしまう人もいるみたいだけど、まず薬は飲み始めたらずっと飲み続けないといけないと考えてもらってOK。

スポンサーリンク

ミノキシジルなどの育毛薬、育毛剤に耐性がついた場合の対処方法:育毛ブログ

じゃあもし耐性がついてしまった場合には、一体どうすればいいのかという話については、

ひとまず、休薬する事。

休薬の期間に関しては、僕の場合は1ヶ月で、その後また以前と同じペースで飲み続ければ、また同じように髪の毛が生えてくるようになる。

なので、育毛薬などの飲み薬を服用し始めてから、まずは1年後に、1ヶ月の休薬期間を設けて、そこからまた1年間飲み続ける。

基本的には、この繰り返しでOK。

1年毎に、1ヶ月の服用休止期間を設ける事。

これだけ。

スポンサーリンク

AGA治療内服薬の耐性がついてしまった場合の注意点!はげ・薄毛対策

実際に、AGA治療薬に対しての耐性がついてしまって、薬の効果が切れてしまった場合に、

そこからまた徐々に薬の量を増やしていく人が多いみたいだけど、

育毛薬を徐々に増やしていく必要はない。

ただただ、ある程度の期間ごとに休止期間を設ければOK。

もちろん、薬の量を増やしていけばその分、それに伴って髪の毛も増えていくようにはなるけど、

そうすると、今後もずっと薬を増やし続けていかなくてはならなくなる。

なので、個人的には1ヶ月程度の休薬期間を勇気を持ってぜひ試して欲しいところ。

スポンサーリンク

【薄毛治療ブログ】AGA対策、ミノキシジルなどの内服薬の耐性について!対策方法!はげ・育毛剤:まとめ

という事で今回は、元薄毛のはげだった僕が、AGA対策に関する内服薬(飲み薬)である「ミノキシジルタブレット」や、

「フィナステリド」「プロペシア」「フィンペシア」などについての耐性についての話と、治療、対策方法について書いてみました。

簡単に内容をまとめると、

もし耐性がついてしまった場合には、1ヶ月程度の休薬期間を設ければOK。

耐性がつくタイミングや、休薬期間に関しては、自分の体の様子を毎日観察しつつ、自分の体に合った方法を取ってもらえればOK。

こういった育毛に関する内容については、僕のユーチューブの動画内でも散々話していたりしますので、

もし興味があれば、ぜひ一度覗いてもらえればと。

【AGA育毛治療ブログ】はげを治す方法というのは、基本的には2通りだけ【女性にもおすすめ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました