Windowsローカル環境(XAMPP)にWordPressをインストール

man

困ってる人

PHPの勉強がしたい
あと、自分でワードプレスのテーマを作ってみたいんだけど…
パソコンはWindowsです

Windowsをお使いという事でしたら、パソコンに「XAMPP」をインストールして使うととても便利ですよ!

operator

オペレーター


こんにちは、ikuxxと申します。

今回は、ローカル環境(自分のパソコン)に「WordPress」をインストールする方法という事で、

WordPressをインストールするには「サーバー」というものが必要になります。

僕のパソコンが「Windows」になりますので、今回は「XAMPP」というものを使って設定をしていきます。

※「XAMPP」のインストールがまだ終わっていない人はまずそちらから済ませる必要があります。

WordPressのダウンロード、設定

①まずはWordPressをダウンロード

まずは、「https://ja.wordpress.org/」にアクセスし「WordPressを入手」をクリック

ページが変わったら「WordPressをダウンロード」をクリックしダウンロード。

※バージョンはその都度異なるので、常に最新版をダウンロードするようにしておけばOK。

②ダウンロードしてきたファイルをダブルクリックで開き、中のファイル「wordpress」フォルダを

ローカルディスク(C:) / xampp / htdocsのフォルダに入れる(ファイル名(フォルダ名)は自分の好きなものに変更可)

http://localhost/wordpress(もしくは②で名前を変更した場合はそのファイル名)/ にアクセスし、

開いたページはそのままで、次の作業に進む(この開いているページは後から使うので閉じない)

もし、閉じてしまった場合は、先程のURLを入力し再度アクセスすればOK。

(今後はここが「XAMPP」のWordPressのダッシュボードのアドレスになるので、今後自分のテーマを編集する場合は、このアドレスにアクセスするようになる)

例えば、WordPressフォルダのファイル名を「wordpress_sample」にした場合は、http://localhost/wordpress_sample/ にブラウザからアクセスという感じ。

wp-config.phpの認証用ユニークキーの設定

フォルダの中の「wp-config-sample.php」をコピーし、ファイル名を「wp-config.php」に変更し「wp-config.php」を開く

https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/」にアクセス。

アクセスするとランダムでこんな画面が表示される。

この赤枠の部分をコピーして「wp-config.php」

に貼り付け「保存」する。

中の変更が終わったらサーバーにアップロード。

XAMPPを起動する

XAMPPを起動し、「Apache」と「MySQL」の、Actions → 「Start」をクリック

と、こんな感じで数字が表示されればOK

【XAMPP】ローカル環境(自分のパソコン)にWordPressをインストール【Windows】

XAMPPを起動し「Apache」もしくは「MySQL」の「Admin」をクリックし、ログイン。

※ Usernameはデフォルトだと「root」

【XAMPP】データベースを作成

「データベース」をクリックし、画面が変わったらデータベース名を入力(自分で分かりやすい名前、何でもOK)

デフォルトだと「utf8_general_ci」

ブラウザで「http://localhost/wordpress(今回自分で作ったデータベースのフォルダ名)」にアクセスすると、

といった画面が表示されるので「さぁ、始めましょう!」をクリック

データベース名:作成したデータベース名←ここがWordPressのデータベースになる

ユーザー名:MySQLのログイン名(phpMyAdminにログインする際のログイン名、デフォルトだとroot)

パスワード:MySQLのログインパスワード(phpMyAdminにログインする際のパスワード)

データベースのホスト名:MySQLのホスト名(localhostでOK)

テーブル接頭辞:任意の文字(デフォルトのままでもOKだが、セキュリティ上変更した方がいい)

例:wp_任意の文字_

「送信」をクリック(もしもここでエラーが出る場合は、データベースの設定がうまくいってない可能性あり)

設定がうまくいっている場合は、

この画面が表示されるので、そのまま「インストール実行」をクリック

サイトのタイトル(任意で、あとで変更する事も可能)

ユーザー名(WordPressにログインするときに必要)

パスワードは、WordPressが発行する、任意のものが一番安全

メールアドレス(自分のメールアドレス)

検索エンジンでの表示(検索エンジンで表示させる必要がなければ、ここにチェックを入れる)

全て入力が終わったら「WordPressをインストール」をクリック

「ログイン」出来たら、無事にインストールが完了。

最後に

WordPressに関しては、何度かインストールや設定を試していく事によって、自然と慣れてきますし、

ある程度慣れてくると、自分でいろいろとカスタマイズも出来るようになってきます。

XAMPPに関してはインストールから設定まで、とても簡単なものになってますし、WordPressやPHPなどを勉強する際にはとても便利です。

PHPだけじゃなく、いろいろなプログラミング言語にも対応しているという情報もたくさんありますし、

一度、いろいろと試してみてはいかがでしょうか?

プログラミングが難しい, 挫折した, 勉強法が分からないという人におすすめのプログラミングスクール