英語の習得が実は簡単な理由について!最短で覚える、話せるようになるには?

スポンサーリンク

今回は、英語の勉強、習得が実は簡単な理由についてという事で、

英語を最短で覚える、話せるようになる方法について簡単に書いてみた。

スポンサーリンク

英語、外国語の習得が実は簡単な理由について

という事でまずは、英語の習得が実はとても簡単な理由についてという事で、

ここに関しては、英語に限らず外国語全般について言える事だけど、

自分が一体、どのレベルを目指しているかにもよって、習得までの難易度が変わってくる。

今回は、英語初心者に向けての記事で、例えば単に、

海外旅行に行ったり、海外に住みながら現地の会社で仕事をしつつ、といったくらいのレベルを目指しているという事であれば、

英語の習得に関しては、本当に一瞬だし、習得までのハードルというのは、実はめちゃくちゃ低いし簡単。

僕自身も過去から今現在も含め、実際に海外に住んだり、現地で働いたりもしているけれど、

僕くらいのレベルであれば、頭のいいみなさんなら、本当に一瞬で身につくはず。

ただし、言語の習得にはちょっとしたコツがあるというだけ。

スポンサーリンク

英語に限らず語学の勉強、習得にはある程度のコツがある

まず僕自身は、英語に加え、中国語と韓国語を話す事が出来て、英語のレベルとしては、

生活してく中で困る事はまずないし、英語での客商売なんかも、以前海外に住んでいる時にやっていたので余裕。

そして今現在も、実際に英語を使って仕事をしてるといった感じ。

外国語の習得が簡単という話に関しては、要は考えようで、旅行や仕事で使えるレベルでいいというのなら、それは決して難しい事ではなくて、

僕みたいなほぼほぼ小卒みたいな人間が、実際に今まで勉強などもほぼほぼした事がなく、

それでも今現在、何の問題もなく海外で働きながら生活出来ているという感じなので、

そんな僕みたいなものにそれが出来て、他の人に出来ないというのはちょっと考えにくい。

確かに語学の習得にはコツというものはあるとは思うし、そりゃ難しくしようと思えばいくらでも難しく出来る。

例えば、ネイティブみたいにペラペラになりたいとか、通訳、翻訳家になりたいとかそういった話なら、習得までのハードルと労力は一気に上がるけど、

海外で仕事をしながら、毎日のんびり過ごすというレベルでいいなら、本当に一瞬。

なので、もし興味があれば、僕のユーチューブの動画内でも、実際に、

英語、中国語、韓国語を話している動画もあるので、ぜひ参考にしてもらえればと。

スポンサーリンク

英語を最短で覚えるコツ:ある程度のところで見切りをつける【特に大人、社会人】

ここからは僕個人の意見なのだけど、語学の勉強に関しては、はっきりいって追求しようと思えばキリがないし、

いざ死ぬ気で必死に頑張って、語学を完璧にマスターしたところで、そこから得れるものというのは、実は意外に少ない気がしてて、

例えば、翻訳家になろうとか、ネイティブレベルになりたいとか、

そんなところまでをいざ目指そうと思ったら、習得までに何年も、下手すると何十年も莫大な時間と労力が必要になるし、

いざそこまで必死になって死ぬ思いをして頑張ったとしても、その結果得れるものとしては、

今よりももうちょっといい仕事につけるようになるとか、給料が上がるかもとか、それくらいのレベルのもので、そう考えるとコスパが悪い。

英語が上手い外国人なんかは、この世にはもう既にいくらでもいる訳で、

まずそんなレベルにまでに、わざわざ自分の英語力を高めるための時間と労力が無駄で、

もし英語を就職などに活かそうと思ったら、英語力を伸ばす事よりも、プラスアルファで他のスキルを身につけるべきで、

日本人は、何でもかんでも完璧にしようとして無駄が多過ぎる。

本当ならもうみなさん、ある程度は英語を話せる位の基礎力はとっくにあるはずなのに、

英語非ネイティブの外国人のくせに、英語に関しては無駄に完璧主義で、そのくせ自信もないしでもうめちゃくちゃ。

それが例えば、今現在学生さんで、英語が好きで好きで、

大学なんかで今後も頑張って自分の英語力を伸ばしていきたいというのなら、

その場合は、今後もまだまだ人生の時間がたくさん残っているので、それはぜひぜひ頑張ってくださいといった感じだけど、

ただ、もう既に社会人だったりする場合だと、仕事以外に取れる時間というのがある程度限られてくるとは思うので、

その場合、自分の狙う英語レベルに関しては、ある程度の見切りをつけて、そこに最短で行き着く方法を考えるべき。

そのためには、まずは自分が目指すゴールにたどり着く事だけを考える事。

そして、そのためには何をする必要があるのかというのを、逆算して考える。

そして、無駄な作業、工程を一切省くという事が大事。

例えば、外国人の友達や恋人を作るのに、英検やTOEICの勉強なんかをする必要はないし、

それは、海外で就職をする際にも同じ事が言える。

スポンサーリンク

英語を最短で話せるようになるための勉強方法:無駄な事はしない

海外で仕事をしたり、海外に住んだり、いろんな国を旅行したりといったレベルの英語だったら、

正直、実は大した英語力というのは必要なくて、TOEICだったり、そういった資格をわざわざ無駄に取る必要もない。

相手の言ってる事がギリギリ聞いて理解する事が出来て、あとは必要最低限自分の言いたい事が相手に伝わればOK。

そこまでのレベルに最短で行き着く方法というのが、

  • 中学生レベルの基本的な文法を覚える
  • 自分が生活をする上で必要な単語のみを覚える
  • 実際に英語を使っていろんな人達と話してみる(英語に慣れる)
  •  

    これだけ。

    特に多くの日本人に足りない部分というのが、3つ目の実際に英語に慣れるという点。

    英語習得の詳しい勉強方法やコツなんかに関しては、また別の記事の中で紹介しているので、興味があればそちらも覗いてもらえればと。

    【ブログ】語学初心者が英語を最短で習得する勉強法!忙しい大人、社会人向けのおすすめのやり方

    スポンサーリンク

    英語の習得が実は簡単な理由について!まとめ【英語のコスパは最強】

    英語習得のコスパに関しては、以前、別の記事でも書いたのだけど、

    英語を覚えるコスパが最強な件について!英語が話せるメリット【独学・コツ】

    例えば、英語が話せるようになるまでの労力というのが、

    他の資格を取る勉強なんかと比べても、圧倒的に労力が少なくて済むという事。

    実際に海外に住んだり、海外で働いたりといったレベルの英語力でいいなら、身につけるまでは本当に一瞬だし、

    みんな、英語に関しては難しく完璧主義で、むりやり自分達で勝手に難しくしちゃってるだけ。

    なので、日本でほんの少しだけでも英語を話す事に慣れる事さえ出来たら、あとは海外において日本人向けの仕事なんていうのはいくらでもある。

    しかも、日本みたいにブラック企業で、毎日あくせく奴隷みたいに働く必要はなくて、毎日楽過ぎて笑えるレベルで、ストレスもゼロ。

    (ただし、もう既に奴隷マインドが元々完全に染みついちゃってる日本人というのは、海外にもたまにいる)

    【海外移住ブログ】底辺が今すぐにでも外国で働くべき理由とメリットについて

    なので、今現在何のスキルも学歴もなく、低収入でお金がないと毎日苦しんでいる人に関しては、本当におすすめ。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました