語学初心者が英語を最短で習得する勉強法!忙しい大人、社会人向けのおすすめのやり方、コツ

スポンサーリンク

今回の内容に関しては、別の記事の中でも似たような事を書いた事があるのだけれど、

英語の初心者が、英語を最短で習得する勉強法についての記事で、

特に忙しい大人や、普段忙しくてなかなか時間が取れない社会人向けの内容。

スポンサーリンク

【英語、外国語って実は簡単】語学初心者におすすめの勉強方法のコツ

まずは英語に限らず、外国語の習得が、実はめちゃくちゃ簡単な理由から書いていくとして、

僕は今現在、海外で仕事をしながら生活をしていて、

普段生活の中で使う言語というのも、英語と中国語が主で、仕事でも英語を使う事が多い。

過去にも別の国に住みながら、英語を使って仕事もしてた経験もあるのだけれど、

実は海外で住む、働くといった場合に、会社、企業側から求められる英語力というのは、実はそこまで高くはない。

もちろん国や職種にもよるけれど、基本的には相手の言ってる事が必要最低限理解出来て、自分の言いたい事がしっかり伝わればOKといったレベル。

日本だと、日常会話がどうのこうのとか、ビジネス英会話がどうのこうのとか、わざわざ自分達で英語というものを勝手に難しくしちゃいがちだけど、

実際に海外で働くとなると、別にトーイック(TOEIC)の点数なんかを聞かれる事なんかないし、

トーイック(TOEIC)に関しては、日本と韓国でしか役に立たない資格で、割と取るのが無駄な資格。

なので、実際に英語力を計られる場面としても、例えば、電話面接なんかの際に担当の人間と英語で喋って終わりといった感じで、とてもシンプル。

【ブログ】海外就職のやり方、方法、仕事の探し方から決まるまでの流れ!

スポンサーリンク

普段忙しい大人、社会人が英語を最短で習得するやり方、コツ

そうなると、一体どの程度まで英語のレベルを上げれば、

海外に住んだり、現地で働く事が出来るようになるの?という話になると、

中学生、高校生レベルの英語力があればOKだと思っていて、

通常の日本人だと、それ位の基礎力はもう既に持っているはずなので、後は実際に英語に慣れていくだけでOKなのだけど、

今回は、本当に英語の初心者、特に普段から忙しくて時間が取れない大人、社会人に向けての勉強方法を書いていこうかなと。

そして、それらの事を守ってもらえれば、必要最低限の英語力を最短で身につける事が出来るはず。

5W1Hと、基本的な単語と文法を覚えるだけで十分

まず、外国語を覚える際には、5W1Hと、基本的な文法と必要最低限の単語を覚えれば、とりあえずはOK

5W1Hとは、

  • なに
  • なぜ
  • いつ
  • どこ
  • だれ
  • どうやって
  •  

    それに加えて、簡単で基本的な文法を覚えればOK。

  • 僕は~です、あなたは~ですか?
  • ~したい
  • ~がある、いる
  •  

    などのような、とてもシンプルな文法。

    中学校レベルの必要最低限の文法を覚える際には、この本「1から出直し 書き込み式英語BOOK」だけでOK。

    多分2~3週間もあれば、生活をしていく上で必要最低限の基本的な文法に関しては、この本を見るだけですぐに身につくはず。

    あとは、基本的な動詞の単語だったり、

    例えば、

  • 行く
  • 食べる
  • 飲む
  • 好き
  • 嫌い
  •  

    とりあえずは、これだけでも覚えていれば、基本的には十分で、

    あとは、その文法と覚えた単語、言いたい事を、その都度組み合わせて文を作っていくだけでOK。

    これが外国語の基本で、旅行だったり、相手とコミュニケーションを取る際の外国語の基本。

    自分が生活をしていく上で必要な単語だけを覚える

    覚える単語数に関しては、数百個の単語数があれば充分で、その中でも自分がよく使う単語だけを覚える事が大事。

    単語帳を、一からわざわざ覚えるような事はしない。

    どうせ覚えたとしても、今後一生使う機会がないのなら、どうせいつの間にか忘れて終わりだし、それなら初めからいちいち覚えるのが無駄という話。

    大体僕達も、普段から友達と遊んでいる時なんかに、そんな小難しい話なんてしてないと思うんですよね。

    せいぜい「何食べたい?」とか「どこ行く?」とか「昨日何した?」とか、そんな話ばかり。

    なので、これらの文法と単語の組み合わせで、ある程度の会話は可能。

    これに加えて、使える単語が日々少しずつ増えてくれば、今後もっと楽しくなってくる事は間違いなしで、

    実際に日常会話で多く使用される単語数というのは、実はそこまで多くはない。

    それは「海外ドラマはたった350の単語でできている」という本の中でも言われている通り。

    なので、わざわざ参考書や辞書を片手に、一から必要のない単語をわざわざ覚える必要はなし。

    海外ドラマはたった350の単語でできている」に関しては、今現在「Kindle Unlimited」に登録をすれば、無料で読む事が出来るのでおすすめ。

    Kindle Unlimited」なら、この本以外にもいろいろな英語に関する本があるので、一通り目を通してみるといいかも。

    自分が生活の中でよく使う単語の探し方

    友達と話している内に、これって何て言うんだろう?というのを、その度に毎回メモしていってもいいし、

    独り言を言いながら、自分が頻繁に使う単語、言いたい事を探してみるのもOK。

    もしそれでも分からない場合は、チャットアプリなどを実際に使ってみて、

    自分が普段よく使う言葉、分からない単語が見つかったら、その都度メモ。

    最低でもこれだけやっていれば、いつの間にかメッセンジャー上での最低限の会話のやり取りは出来るようになる。

    実際に話すとなると、そこからまた耳を鍛えたりしなくてはいけないのだけれど、とりあえずまずはここから始めればOK。

    まず始めはそこら辺から始めていけば、後は自然に外国語の楽しさや、勉強方法のコツが分かってくるはず。

    日本人に多いのは、初めから無駄に完璧に話そうとし過ぎて、結局何も話せなくなって、言語習得において非常に効率が悪いという点。

    人とコミュニケーションをとるのに、わざわざ格好つける必要なんていうのはどこにもないし、

    結局話せない話せないと引っ込みがちになり、自信をなくして終わり。

    その結果、英語自体に苦手意識が根付いてトラウマに。

    あとは、外国語が身に付きやすい性格というのもあるみたいで、

    それは、好奇心が旺盛な人。

    好奇心が旺盛な人というのは、知性と柔軟性も高いみたいで、

    他国の文化に興味を持ちやすく、異文化に対して批判的な視点が少ない。

    昔から常々思うのが、自分の発音や文法なんかは無駄に気にし過ぎず、ガンガンに前向きに人と会話してる人の方が、

    結果、友達もたくさん出来て、最終的に英語の伸びも段違いだと、いつもそう感じる。

    スポンサーリンク

    語学初心者が英語を最短で習得する勉強法!忙しい大人、社会人向けのおすすめのやり方、コツ:まとめ

    外国語を学ぶ際には、まずは理由とモチベーション作りから、そしてとにかく楽しむ事。

    そもそも外国や外国語に興味がない人は、まず勉強なんか出来るわけがなく、いざ始めてみたところで全く続かないし、脳にも定着し辛い。

    個人的に常々思う事は、英語に限らず、外国語というのは、

    単に人生を豊かにしてくれるきっかけになるもので、要は単なるツールでしかない。

    外国語を覚えて、一体どうしたいか?何に使いたいか?

    そういったものがないと、結局外国語なんかを覚えたところで何の意味もない。

    なので、僕にとって必要な外国語の目標レベルと使い道というのは、

  • 海外旅行に行ければOK
  • 海外で仕事で使えればOK
  • 外国語で恋人や友達がたくさん作れればOK
  • 現地の言葉を使って、ただただエロい事が出来ればOK
  •  

    といった感じで、目標、意識としてはかなり低いけど、

    僕にとって必要な外国語のレベルというのは、本当にこれだけ出来れば充分過ぎるくらいで、特にそれ以上は必要ない。

    別に語学の勉強を頑張って、今後更に給料を上げてもらって、自らすすんで労働したいというような考えはこれっぽっちもないし、

    別に、外国語を使って、単にエロい事さえ出来ればOKで、あとは毎日友達なんかと、外国語でそつなくコミュニケーションが取れればOK。

    そういう英語の資格を取るだったり、ネイティブみたいに話せるようになりたいとか、

    そういうのは英語や外国人が好きでしょうがない人だけが勝手に目指していればよくて、

    人生って意外と短いので、僕はそこら辺に無駄に何年も時間を費やしたくはない。

    なので、特にそういったこだわりさえなければ、英語に限らず、外国語の習得に関しては、めちゃくちゃ早く済むよという話。

    外国語が話せるようになると自信がついて、それに加えて、行動や仕事の幅も広がったりといい事ばかり。

    本当に人生が変わるし、ついでに頭も良くなり、ボケ防止にもなるなどと、本当にいい事ばかりなので、おすすめ。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました