【4ヶ国語話せる僕がおすすめ】英語初心者におすすめの勉強方法:中学生から大人まで【中卒・独学・社会人】

スポンサーリンク

こんにちは。

僕は今現在、日本語、英語、韓国語と、あとは少々の中国語が話せるのですが、

英語に関して言えば多分ビジネスレベルで、というのも今現在も海外に住みつつ、英語を使って仕事をしていて困る事はほぼないので、一応はそう言えるのかなと。

あとは海外に旅行に行ったり住んだりしている際も、友達を作るのには全く困らないレベル。

韓国語に関しては旅行では全く困らないレベルで、元々韓国人の彼女と長く付き合っていた事もあり、その時での会話の95%が韓国語。

中国語に関しては今もまだ勉強中で、簡単な日常会話が出来るといったレベルでリスニング力はまだまだといった感じ。

僕が実際にどれ位話せるかというのは、僕のユーチューブ(YouTube)の過去動画でも見てもらえればとは思うのだけど。

今回はどうやっていろいろな言葉が話せるようになったのか?という事について、

おすすめの勉強方法についてなどいろいろと書いてみました。

スポンサーリンク

中学生から大人まで、英語初心者におすすめの勉強法【独学編】

今回は、独学で自分で出来る英語の勉強方法について軽く書いてみようかなと。

ただ独学だとやっぱりトータルで見ると非効率な部分もあったりはするので、

そういった場合にはやっぱり「オンライン英会話」なんかが一番いいとは思うのだけど。

とりあえずはまず、僕の元々の英語力がどれ位だったかというと

「私は〇〇が好きです」といったような簡単な英語さえも分からなかったレベル。

例えば「I like beer」「Me ビール love」と、一生懸命居酒屋なんかで言っていたレベル。

ただ、今だと英語で文章を読む事には全く困らないし、英語で言いたい事はほぼほぼ言える。

今回の内容に関しては、ガツガツ自分で勉強が出来るタイプの人向けの記事ではなくて、

まるで僕みたいな今まで何の勉強もやってこなかった人、もしくは勉強が嫌い、出来ない、

もしくは僕みたいなグータラでだらしない人間、勉強なんかはしたくないけど、

出来るだけ死ぬ思いをせずに、ある程度でも話せるようになれればOKという人向けの記事。

という事で僕自身は正直今までに英語の勉強という勉強はほとんどした事はないのだけど、唯一した事というのは、

  • 中学レベルの基礎文法を軽く覚える
  • ニンテンドーDSのえいご漬け
  •  

    これくらい。

    もちろん英語の文法が分からないと文章が組み立て方が分からないので、本当に必要最低限の文法だけは簡単は初めに覚えたのだけど、

    その時に使った参考書が「1から出直し 書き込み式英語BOOK」だけ。

    すごくシンプルな本で、旅行に行く際にはこの本に書いてある内容だけを覚えればそれだけで完璧。

    多分2週間位あれば、その本に書いてある内容は全て理解出来るはず。

    それ位にシンプルで、そして分かりやすい上に、普段めちゃくちゃ使える文法だけが書いてある。

    なので最初に必要なテキストとしては、基本的にはこれだけでOK。

    そして後は「ニンテンドーDS」のソフトの「えいご漬け」を暇な時にやってたという位。

    えいご漬けの詳しいやり方に関しては「ここの記事」を見てもらえればとは思うのだけど。

    とりあえずは「えいご漬け」が終わったら、後は実践あるのみで外でガンガン使っていって覚えてきた感じ。

    スポンサーリンク

    英語初心者や中学生から社会人までおすすめの勉強方法、英語が話せるメリット

    正直英語の勉強方法なんかに関しては、人それぞれ向き不向きや好みもあるし、

    どんな感じの英語を話せるようになりたいか、例えば、

  • 外国人の友達や恋人が欲しい
  • 海外旅行に行きたい
  • 海外ドラマを字幕なしで見たい
  • TOEICで高得点を取りたい
  • 海外に留学がしたい
  • 英語を使って仕事がしたい
  •  

    とか、目的によって求められるレベルも勉強方法も全く変わってくる。

    もしも、せめて僕レベルの英会話の能力がつけばOKという事なら、

    正直「1から出直し 書き込み式英語BOOK」と「ニンテンドーDS」さえやってれば他の参考書なんかは全くいらないと思う。

    それだけで海外旅行には行けるようになるし、外国人の友達や恋人を作る事は可能。

    せめて「えいご漬け」さえやってれば自然と日常で必要最低限必要な単語も覚えられるし、やってく内に自然と文法知識も身についてくる。

    それに加えて、シャドーイングなんかをやってればいつの間にか発音なんかも良くなってくる。

    僕の場合、当初は本当に英語の事なんかこれっぽっちも知らなかったので「発音」という概念さえある事すらも知らなかったレベル。

    えいご漬け」をある程度やり終わってから、実際に僕が外国人と話してる姿を友達が見て、

    発音がきれいだねって言われて、その時に「発音」って何?って初めて思ったっていうレベル。

    別に自分の英語の発音がきれいだとは思わないけど、カナダに住んでいた時も現地人に、

    「君、発音いいね」って言ってもらえる事も多かったし、あとは相手に英語が伝わらなかったっていう経験が今までほぼない。

    それもこれも完全に「ニンテンドーDS」の「えいご漬け」のおかげ。

    僕の場合は昔、適当に試しにTOEICを受けてみた事があったけど、その時の点数が730点とかそれ位だったと思う。

    なので「えいご漬け」さえやってれば、少なくともTOEICで700点前後位は全然狙えるはず。

    個人的にはTOEICが将来一体何の役に立つのか?とは思う部分もあるけど、僕はそんな感じのタイプの人間。

    なので、僕が英語を習得する際にやった事というのは、

  • 本当に必要最低限の文法だけを覚える
  • ニンテンドーDSのえいご漬け(ここが一番大きい)
  • 実際に外国人の友達を作って話してみる
  •  

    と、そんな感じ。

    そしてその後、海外旅行だったり、バックパッカーだったり、ワーキングホリデーだったり、海外就職だったりとそんな感じ。

    スポンサーリンク

    英語初心者向けの勉強方法:独学は無理、続かないという人向け【大人、社会人向け】

    でも実際に外国人の友達を作るのは難しいとか、田舎に住んでるのでそれは無理とか。

    そういう人に関してはやっぱり「オンライン英会話」が最強で、基本的にはそれ以外の方法だと効率が悪いと思う。

    オンライン英会話」に関する記事は「こちら

     

    そして、もしこれ以外にも出来る事があるとするなら、

    ・ハロートーク(HelloTalk)というアプリを使ってみる
    ・シェアハウスに住んでみる

     

    とかこれ位。

    ハロートーク(HelloTalk)で毎日英語で日記を書いてみたり、

    あとは常に友達と英語でやり取りをしながら自分にとって必要な単語や言い回しを増やしていく。

    (分からない言い回しは翻訳サイトを使えばOK。あとはDMMのサイトが最強)

    英語はそんな中で使えば使う程、自然と身についてくるもの。

    正直座学だったりの勉強がきちんと出来る人は、それに越したことはないしそれが一番最強。

    僕は勉強が嫌いだし辛いのでただただやってないだけ。

    なので今回の記事に関しては、出来るだけ楽したい人やだらしない人向けの記事。

    まぁある程度の中学生レベルの英語の基礎力がある人にとっては、何だかんだでやっぱり「オンライン英会話」が最強。

    独学だとやっぱり後々、効率が悪い部分も出てくるはず。

    スポンサーリンク

    中学生から大人、社会人までの英語初心者のおすすめの勉強法:まとめ

    という事で今回は、実際の僕がやってきた英語の勉強方法を書いてみた訳だけど、

    実際に英語が大好きな人達だったり、学校で今まできちんと英語の勉強してきた人にはどう考えても勝てない部分もある訳で、

    もしある程度まで自分の英語力を上げたいってするのならやっぱり普通に勉強したもの勝ち。

    ただ、普通に外国人の友達や恋人を作ったり、海外旅行にバンバン行ったり、

    あとは外国でスムーズに仕事をしたり、生活をしたりっていう位のレベルまででいいっていうのなら、

    今回この記事で紹介した事をやってれば、無駄に時間もかけずに適当に、ある程度までは話せるようになるはず。

    それでもやっぱり独学は無理という事なら「オンライン英会話」なんかを利用して、実際の英語に慣れていけばOK。

    オンライン英会話」なら無料レッスンも沢山あるし、普段なかなか時間が取れない人にとってもとてもおすすめ。

    4ヶ国語話せる僕がおすすめするオンライン英会話スクール2社【お試し無料体験あり】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました