【Laravel 基礎】データを取得, ビュー(View)にデータを送る, 渡す方法

こんにちは、よろと申します。

今回作るのはこれ。

今回は、この画像の「寿司太郎」という部分と「寿司ネタ」の部分のデータを、

「web.php」に登録をして「index.blade.php」で呼び出しています。

今回は、これらを作る事で「Laravel(Bladeテンプレート)」でのデータの取得, 呼び出し方、

View(ビュー)にデータを渡す方法についての、基本的な部分について軽く学ぼうというお話。

タイトル

という事でまずは、基本的な見た目の部分(レイアウト)

そして「web.php」

このリターン文の部分に関しては「withメソッド」を使ったこんな書き方も可能。

その場合はこんな感じになる。

これでも結果は同じ。

次に「index.blade.php」

今回使ったのは「foreach文」

「foreach文」は、先頭のデータから順に繰り返し処理を行うための命令で、

今回は適当に、$netaという名前にしましたが、分かりやすければ$sushis$sushiだろうが何でもOK。

この場合、$sushisという箱の中に$netaというデータ群があるという意味合いで、

$sushisという箱の中から$netaというデータ群を一つずつ順番に取り出して表示させる作業、

この書き方が、昔ながらの通常の「PHP」の書き方、

ただ、この場合だとちょっと見た目が悪い。

なので「Laravel(Bladeテンプレート)」の場合だと、

と、こんな感じでもっとシンプルに見やすく書く事が出来る。

その結果「index.blade.php」の中身はこんな感じ ↓

終わり。

プログラミングが難しい, 挫折した, 勉強法が分からないという人におすすめのプログラミングスクール