【釣り初心者向け】釣り糸(ライン、道糸)の太さや選び方【分かりやすく簡単に説明】

man

困ってる人

釣りを始めてみたいのだけど一体どんなものを買えばいいのか分からない


という事で今回は、釣り初心者向けの記事という事で、

まず釣りを始める前は、一体どんなものを買えばいいのかがさっぱり分からないはず。

  • どんな種類の糸を買えばいいのか?
  • 太さはどれ位がいいのか?
  • 竿はどんなものを買えばいいのか?
  • リールはスピニングリールとベイトリールとどっちがいいのか?
  • ルアーはどんなものを買えばいいのか?
  • などなど、

    今回はここら辺についての話。

    【釣り初心者向け】ライン(釣り糸、道糸)の太さや選び方【分かりやすく簡単に説明】

    という事でまずはどんなライン(釣り糸)を買えばいいのかという話については、

  • ラインの選び方は釣る魚のサイズに合わせて買う
  • という風にまずは覚えておけばいいと思う。

    釣り糸の種類に関しては、ナイロンラインだろうがPEラインだろうが最初は何でもOK。

    何ならどれを使っても釣れるし、何だったら糸がめちゃくちゃ太かったとしても魚は釣れる。

    ただ初めは練習用としてナイロンのラインを買うのがいいかも。

    その理由としてはナイロンラインの方が単純に安いし、

    釣りを始めた最初の頃というのはリールに糸を巻いたりする時なんかにもラインをダメにしがち。

    そして慣れてきた頃、もしくはもう少し丈夫なラインが欲しくなってきたらその時に初めてPEラインでも買ってればOK。

    そして、もう少し簡単に糸について分かりやすく言っておくと、

    糸は細い方がよく飛ぶ。

    そして太いと飛距離が出ないと覚えておけばOK。

    ただ最初の頃はそんな事すらも気にしなくてよくて、別に釣り糸が太くても普通にルアーは飛ぶ。

    釣りなんかそんな肩肘張ってやってても楽しくないし、釣れる人は何の道具を使っても釣れるという事。

    糸の長さも100mで十分だし、長めに300mのものを買っといても問題ない。

    釣る魚がマグロなんかになると100m位は簡単に走ってしまうので、300m位は買っとくという人もいるみたい。

    僕自身も、竿は五百円のものでもうボロボロだし、リールも千円以下の安物を使ってる。

    しかもリールを取り付ける部分が割れてるので布テープでグルグル巻きだし。

    そして使ってるルアーも中国製の百円以下の安物ばかり。

    それでも魚は十分に釣れてるから問題ない。

    何だったらベイトリール用の竿にスピニングリールをつけてやってる始末。

    釣り人から言わせるともっとちゃんとまともなセッティングをしろっていつも言われるけど、

    別にこれで釣れてるし今のところは何の問題もない。

    釣りなんかはそれ位適当でOK。

    元々は釣りなんか、棒に糸くっつけて針にミミズ刺して釣ってたようなもんでしょっていう。

    それでもやっぱり最初は後々損したくないからと、僕もまず初めに何を買うべきかとか死ぬ程悩んだし、ネットでも散々調べたし、

    でも実際は試しに軽く安いのを適当に買ってみて、後は釣り場でいろいろと試しながら分からない事は他の釣り人に聞けばOK。

    ちなみに僕が最初に買ったものとしては、

  • 中国製の激安ルアーロッド(500円)
  • 中国製の激安スピニングリール(600円)
  • 中国製の激安ルアー
  • ナイロンラインの4号(16lb)
  • ラインに関しては、人によっては太いと言われそうだけどこれでも普通に魚は食うし、

    小さい魚だけじゃなくデカい魚もこれで全然釣れてるし、

    ある程度はラインが太い方が釣りの最中に糸が切れるなどの心配もなくなる。

    16lbって事は8キロ近くの魚までは耐えられるって事だし8キロって何気にデカい。

    ラインもリールも大は小を兼ねると思ってて、

    リールだって正直2000番だろうが5000番だろうが大して変わらない。

    何なら5000番の方が丈夫で巻きやすいと思う。

    リールの重さなんかもそんなのほんの100gとか誤差みたいなもので、

    そんないろいろと神経質になってると道具選びで疲れちゃう。

    道具なんかは安くても何でも魚は釣れるし、ロッドリールの組み合わせがめちゃくちゃだとしても魚は問題なく釣れてる。

    なのでまず初めは出来るだけ道具は安く仕入れて沢山釣り場に立ってそこから少しずつ覚えてく方が効率がいい。

    何だったらほんの数回釣りに行っただけで飽きちゃう可能性だってあるし、初めは無駄に金なんかかけなくてもいいと思う。

    ただし日本製の物で初めからいろいろと揃えようとすると、日本製のものだと何でもかんでもが高過ぎるから、

    毎度チョコチョコ物を買い揃えようとすると、多少お金の負担になってくるはず。

    なのでそこら辺は最初は全て中国製のもので揃えていけば、金銭的負担も1/5以下で済むよという話。

    まとめ

    という事で今回の話を軽くまとめておくと、

  • ラインの太さは釣りたい魚のサイズによって決める
  • 最初は4号位のラインを適当に買っておけば、8キロ位の魚の重さには耐えてくれる
  • 竿もリールも適当な安物でOK
  • ルアーも中国製の安い物でOK
  • 竿も適当なルアーロッドでOK。

    リールの番号(品番、番手)も別に適当でOK。

    メーカーによって同じ数字でもばらつきがあるし、自分だったら初めから適当に5000番位のものを買っとく。

    ラインもナイロンでOK(昔はナイロンしかなかったんだから)

    買った竿に対応してるラインのサイズが書いてあったりもするから、それの一番太いのでも適当に使ってればOK。

    ルアーもダイソーでOK。

    おわり。

    今度は初心者はどんなルアーを買えばいいのか?というところにでも書いていこうかな。