【月々100円】安いレンタルサーバーでワードプレスブログを始めたい人におすすめ

man

困ってる人

ブログを始めたいんだけどあんまりお金をかけたくないなぁ…
毎月100円位なら払ってもいいんだけどなぁ


こんにちは、よろと申します。

今回は、ブログでお金が稼げるようになるといいなぁ…。

ワードプレスでブログを始めてみたいけど、サーバー代とかドメイン代とかいろいろとお金がかかるなぁ…。

今後も飽きずにブログを継続出来るか分からないから、

まずはお試しで、出来るだけお金をかけずに安く始める方法はないかなぁ?という人向けの記事で、

月々129円のレンタルサーバーにワードプレスを入れて使う方法をご紹介。


月額129円のとにかく安いレンタルサーバーでワードプレスでブログを始める方法

という事で、今回はさくらのインターネットのライトプランという、

月々129円(年間1543円)のサーバーに、ワードプレスをインストールする方法について。

まず始めに「さくらのインターネットのライトプラン」にワードプレスをインストールして使うメリットとデメリットとしては、

さくらライトのメリット

  • 月々129円でとにかく安い(年間1543円でワードプレスのブログ運営が可能)
  • 2週間の無料お試し期間がある
  • 容量:10GB(ブログ運営で使う位なら余裕)
  • 電話・メールサポートも無料
  • さくらライトのデメリット

  • 料金が安い分、表示速度が他のプランに比べると遅い
  • その為、僕は自分で出来るだけシンプルで軽いワードプレステーマを作って入れました。

    そうする事でページの表示速度が随分と変わり、今のところ大きな不満はなくブログ運営が出来ています。

    もし、自分の好きなようにワードプレスのテーマを作ってみたいという人にはこちらの記事もおすすめ。

    WordPressテーマの作り方【HTMLをワードプレス化で自作する】

    さくらのインターネットのライトプラン(さくらライト)にワードプレスをインストールする方法

    公式には、さくらのライトプランだとワードプレスを使用する事は出来ないと書いてありますが、

    ちょっとした工夫をする事でライトプランでもワードプレスが使えるようになります。

    設定とは言っても簡単で、まず手順としては、

  • SQLite Integrationの最新版をダウンロード
  • WordPress(ワードプレス)の最新版をダウンロード
  • ダウンロードしたファイルの編集
  • サーバーにアップロード
  • という事でまず、

    https://wordpress.org/plugins/sqlite-integration/」にアクセスし、

    「SQLite Integration」の最新版をダウンロード(今の時点だと、1.8.1が最新)

    https://ja.wordpress.org/」にアクセスし「WordPress」の最新版をダウンロード。

    ダウンロードした2つのファイルをダウンロード後、解凍する。

    「SQLite Integration.1.8.1」内の「sqlite-integration」をフォルダごとコピーし、

    「wordpress」→「wp-content」→「plugins」内に貼り付け。

    貼り付けた「sqlite-integration」の中にある「db.php」を切り取り「wordpress」→「content」内に貼り付ける。

    「wordpress」の中にある「wp-config-sample.php」をテキストエディタで開く(※メモ帳だとうまく表示されない)

    「認証用ユニークキー」の部分を変更する必要があるため、

    https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/」にアクセス、

    そうすると、こういった文字列がランダムで表示されるため、これらを全てコピーし、

    「wp-config-sample.php」の「認証用ユニークキー」部分

    この部分と置き換え。

    「wp-config-sample.php」のファイル名を「wp-config.php」に変更し、フォルダの準備は完了で終了。

    これでフォルダの準備が出来ましたので、

    次はさくらのインターネットのサーバーにフォルダをアップロードすればOK。

    さくらのレンタルサーバーにファイルやフォルダをアップロードする方法は、

  • さくらのインターネットのサイトにログインし「ファイルマネージャ」を使う。
  • パソコンに「FTPソフト」をダウンロードしてファイルをアップロード
  • という方法があります。

    さくらのインターネットのライトプランにワードプレスをインストール後、アクセス → エラーが出て画面が表示されない場合

    通常でしたら、今回紹介した方法を順番に間違えずにやっていけば、すんなりインストールが出来るはずなのですが、

    エラーの表示として、まず一番に考えられるのが「データベース接続確立エラー」と表示される場合、

    この場合はファイルのアップロードの際に何か不具合があった場合が多いので、フォルダごと削除し、再アップロード。

    原因としては、さくらライトの場合だと、フォルダの移動場所が間違っていたり、

    「sqlite-integration」が入ってなかったりといった事が考えられます。

    あとは、さくらのインターネットの指定フォルダを作成する際に決めたフォルダ名とアップロードしたフォルダ名が一致していなかったり。

    最後にまとめ

    という事で今回はさくらのインターネットのライトプランにワードプレスをインストールする方法でしたが、

    もし、容量に不安のある方はライトプランではなくスタンダードプランを利用してみるというのもあり。

    特にスタンダードプランに関しては、速度に関する対策はかなりしてきているみたい。

    さくらのレンタルサーバが本当に16倍速くなったのか怪しかったので、私も当社比16倍の速さで問い詰めてきました

    僕自身、ワードプレスでのブログ運営歴は3年程で、ワードプレスサイトもいくつかインストールして使ってはいますが、

    未だ容量もかなり余っていて、不便もなく、毎月ブログからの収益も発生していますので、

    とにかく安く、ブログや副業を始めてみたいという人にはとてもおすすめな方法。

    月々129円とか異常ですよね。

    ほとんどタダみたいなものなので。

    とりあえず、最初の2週間は無料なので、お試しに使ってみて考えてみてもいいのでは?

    さくらのインターネットライトプランへの申込はこちらから。

    プログラミングが難しい, 挫折した, 勉強法が分からないという人におすすめのプログラミングスクール