貧乏な人のお金の使い方|お金がない人の特徴

貧乏な人のお金の使い方、お金がない人の特徴についての記事で、

基本的に貧乏な人の特徴としては、

  • 見栄っ張り
  • 無駄遣いが多い
  • めんどくさがり屋
  • マネーリテラシーが低い
  • などなどと、ここら辺がよく見られる特徴。

    貧乏な人の特徴とお金の使い方

    お金がない人の特徴① 見栄っ張り

    新しいもの好きで何でもかんでも外見、身なりを着飾って周りに自慢するタイプの人達。

    お金があり余っているというのならともかく、

    大してお金がないのにも関わらず、そういった買い物癖だったりが抜けずに、

    給料が入ったらその入った分だけ消費、浪費に費やす人達。

    基本的には人からどう見られているか、他人にどう思ってもらいたいかというようなタイプ。

    お金がない人の特徴② 無駄遣いが多い

    まず全くもって価値のない無駄なものにお金を使いがちな傾向にあって、

    上にも書いたように、自分を着飾るだったり周りに見せたい、

    自慢をしたいといったような事を目的にお金を使う事が多い傾向にあって、

    所有欲が強く自己満足の為にお金を使い、しまいにはすぐに飽きてしまうようなタイプ。

    あとは目の前の欲求のコントロールが下手だったりで、甘い物や体に悪いのにも関わらず、

    そういった目の前にあればあるだけバクバクと食べてしまうようなタイプであったり、

    幸せなのは食べてるその一瞬だけで健康的にも何のメリットもない。

    ただしそういったものに無駄にお金を使いたがるその結果、太ってみたり病気になってみたり。

    あとは仕事や普段のストレスに追われて、酒やショッピングでストレスを解消しがちというのもありがち。

    ミニマリストになるメリット

    お金がない人の特徴③ めんどくさがり屋

    普段からめんどくさいが口癖の人は要注意で、

    何をするにしてもとにかくめんどくさいめんどくさいと言っているような人。

    そういった人に関しては周りにも悪影響が大きく、周りにもそういった人達が集まりがち。

    お金がない人の特徴④ マネーリテラシーが低い

    マネーリテラシーが低い事に関しては、一般的な例でいうと例えば、

    未だに格安SIMの存在すらも知らないような人達で、

    そういった人達というのは、それに加えて例えば、

    いちいちプランを変えるのがめんどくさいからそのままでいいとか、

    よく分からないからそのままでいいとか、自分で調べるというような事すらも出来ない人達で、

    上にも書いたようにめんどくさいが口癖のような人達。

    初めにほんのちょっと手間をかけてプランを変更すれば、今後毎月数千円~1万円近くの節約になるのに、

    それすらもめんどくさいからどうでもいいといったタイプの人達。

    お金があってその状態というのならまだしも、

    普段からお金に困っている人達に限って、そういった状態の人が多いのも特徴。

    お金がない人の特徴⑤ 単純にだらしない・自堕落

    すぐ目の前のちょっとした誘惑に負けちゃうようなタイプの人達で、

    自分自身の欲望のコントロールが下手で我慢が出来ない人達。

    例えば健康に悪かろうが何だろうが、甘い物が目の前にあれば何でもすぐに食べちゃうような人達で、

    その結果、生活習慣が乱れていたり太っていたりなどなど。

    そうなると体にも悪いし精神的にも悪いし何もいい事がない。

    上のめんどくさいが口癖の人達にもこういった傾向が多く見られる。

    貧乏な人のお金の使い方・お金がない人の特徴|最後に

    別にお金の使い方なんかは人それぞれで、人の勝手ではあるし、

    お金を使う事自体が悪い事だとは思わないけれど、

    そういうのは今現在お金に余裕がある人がする事であって、貧乏人がする事ではなくて、

    まず順番が違う。

    そもそもある程度お金を持っている人というのは、普段から無駄なお金の使い方をしない傾向にあって、

    無駄なお金の使い方というのは、例えば手に入れたところで後々何の価値も生まないような、

    単に消費、浪費的なお金の使い方で、極端な例で言うと例えば、

    他人に見せびらかすのための車やバイクや洋服などのファッション的なお金の使い方をする人で、単なる自己満足によるもの。

    これに関しても、お金があってそういった事をするのは全くもって問題はないのだけれど、

    普段からそこまでお金がないのにも関わらず、単に自分の欲求を満たす為に我慢が出来ずにお金があればあるだけ次から次へと買ってしまう。

    物によっては後々リターンがあるものもあるけれど、貧乏な人のお金の使い方というのは、大抵そういった使い方を考慮されていない。

    後々リターンがある買い物といえば、例えば極端な例で言うと、

    パソコン=後々お金を生むもの(投資)

    最新のiPhoneを毎回買い替える=見栄っ張りの見せびらかしの新しいもの好き(単なる浪費・お金の無駄遣い)

    iPhoneなんかは機能的に言えば、人によってはかなり便利に使えるものではあるけれど、

    大抵の人にとっては実はそうではなくて、そういう人達にとっては2万円のスマホで十分過ぎる位のスペックが備わっている。

    正直iPhoneなんかに関しては、毎回新しいものが出たところで機能的にそこまで大きな違いはないし、

    一般的な人達のスマホの使い方といえば、ユーチューブ(YouTube)で動画見るか、適当なゲームをして終わり。

    それだったらそこら辺の安物のスマホ、携帯電話でもスペックとしては十分過ぎる程に十分で、

    わざわざ新作が出る度に何十万円も出して毎回買い替える必要はない。

    他には例えば最新の家電なんかに関しては、最初の出費としては金額的には高いかもだけど、

    物によっては後々自分の時間を生んでくれるもの(買う事で自分の時間の節約に繋がる)になったりで、

    あとは健康的にメリットがあるものだったりと、そういった物に関してはトータルで考えるとコスパが良くて、後々リターンがあるもの。

    こういったお金の使い方も投資と言えば投資で、単なる浪費ではない。

    といったように、買ったところで後々何の価値も生まないようなものに毎回お金を使っているかもという人は、

    普段からお金がないお金がないと、毎日したくもないような労働可であくせく働かされている可能性があるので、

    そういったパターンに当てはまるという方に関しては、一度いろいろと見なおしてみるといいかも。