ビジュアライゼーション, 引き寄せの法則の方法, やり方やその効果について【脳科学に基づく話】

man

困ってる人

自分自身に対しての肯定感がとても低い
自分には何の価値もないと常日頃から感じている
どうせ何をやっても上手くいかないと始めから何でも諦めている


こんにちは、よろと申します。

今回は、1日30秒から出来る「ビジュアライゼーション」について、

読み方は、ビジュアライゼーションだろうが、ビジュアリゼーションだろうが何でもOK。

今回は、メル・ロビンズさんという「5秒ルール」という本を書いている人のお話で、

「ビジュアライゼーション」とは一体何か?という事について、やり方や効果などを簡単にまとめてみました。

ビジュアライゼーション, 引き寄せの法則の方法, やり方やその効果について【脳科学に基づく話】

「ビジュアライゼーション」とは、簡単にいうと、

ビジュアライゼーション = イメトレ

→ 脳を騙し、脳内の神経回路、構造を意識的に書き変えるといったもの、

これは「引き寄せの法則」とも、とてもよく似ている部分があるなと。

引き寄せの法則に関して言えば、

・あなたの考え方が、あなたの現実を形成している
・その考え方を変える事で現実を変えられる

自分が変われば世界が変わるといったやつですね。

脳はほとんどの時間、何を見逃すか、考えないかという事を考えている。

その脳に何が最も重要な事かを伝える事は重要で、

ハッキリと自分が何を求めているかを決める事で、脳はそれを手にする方法を考える、

何を求めているのかハッキリとせず、ざっくりとした願いだけを抱えていたら何事も達成しない。

求めている結果、自分のやりたい事を明確にする、

私生活、身体、人間関係、金銭面や精神面において、何を求めているのかをハッキリとさせる事、

「ビジュアライゼーション」「引き寄せの法則も」脳のトレーニングの一種みたい。

先生の言うには、

人間は誰しもが、何かを変える事の出来る力を持っているはず、

でもなぜそれが出来ないかというのは、その人のマインドセットが原因。

自分が今まで培ってきた経験や考え方、過去の人間関係などなど、

そういったものが、あなたの行動を引き留めている。

ビジュアライゼーションをする事によって、

自尊心、自己価値、自分自身に対する満足感、肯定感が高まる

意識的に脳内のフィルターを変えるといったもの。

今回の内容は決して、スピリチュアルな話ではなく、

科学的な研究に基づいた結果との事で、多くの脳科学者も認めている話。

人間の脳にはある機能が備わっていて、その能力、機能の事を専門的にいうと、

「Reticular Activating System:RAS(網様体賦活系:もうようたいふかつけい)」
と呼ぶみたい。

このシステムは脳全体の神経細胞(ニューロンネットワーク)のフィルター機能のようなもので、

自分にとって、必要な情報と必要のない情報を識別し、

脳に必要な情報のみを認識、不必要な情報は全て遮断、排除するといったようなもの。

この機能をどのように制御し、構築しているのかは、自分自身や自分が過去に接してきた人達、

もし、あなた自身が「自分なんかには何の価値もない」と日々感じているとしたら、

そのネガティブな思考が、脳にとって必要な情報だと脳内システムに刷り込まれてしまう。

こういった考えは、とにかく危険。

不幸、ネガティブに脳が囚われていて、

「私にはどうせ何も出来ない」

そんなネガティブ思考な考え方が、もう自然と脳に染みついて癖になっている。

これまでの様々な研究の結果から「ビジュアライゼーション」をする事によって、

脳内の神経回路、構造を、効果的に変えられる事が分かったとの事。

「ビジュアライゼーション」の目的は、

・脳をプログラムし直す
・脳のニューロンネットワークを変える

その結果、自尊心、自己肯定感を高める事につながる。

メンタルプラクティス = 心、脳のトレーニング

ビジュアライゼーションのやり方、方法、効果について

1.目をつぶる
2.最高の自分を明確に想像してみる

例えば、仕事で上手くいっている姿や、ジムで気持ちよく汗を流している姿など

自分自身への満足度、自尊心が高まっている姿を想像する

そのイメージが具体的に出来るようになったら、そのイメージがもたらす前向きな感情をしっかりと感じ取る事。

幸せな気持ちだったり、自分自身をとても誇りに思う気持ちだったり、明確なビジョンと感情を結合させる

この時に、脳の中で一体何が起こっているのかというと、

今までとは全く異なるフィルターを形成する脳のトレーニングをしている。

「Reticular Activating System:RAS(網様体賦活系:もうようたいふかつけい)」が変化する。

脳は実際に起こった悪い事と、想像との違いを区別出来ない、

あなたが物事を想像して思い浮かべている事によって、脳が同時に経験をしている。

つまり、脳が現実に起きた事だと錯覚し記憶する。

最後に

ビジュアライゼーションをする際には、まず、

ゴールをセット、そして、

一日も欠かさず、まずは30日間、毎日30秒、

想像するものとしては、

・大金持ちになった自分や、
・口座に入った大金を想像してみたり、
・信じられない位の豪邸に住んでいる自分、
・もう働かなくてもいい位に稼いで、リタイヤした自分、
・余裕資金で新しくビジネスを始める自分、
・とても健康的な自分

などなど。

という事で、僕も今日からさっそく試しに30日間、

「ビジュアライゼーション」をし、最高の自分を沢山想像していきたいと思った次第です。

そうする事によって、先生が言うように今までのようなゴミみたいな考え方じゃなく、

自信に満ち溢れた新しい自分に出会える事を期待してみたいと思います。

スピリチュアルな話ではなく、科学的根拠のある話との事なので、

興味のある方はまずは、1日30秒から試しに始めてみるといいかも。