【日韓基本条約、国交正常化とは?】日本と韓国の問題を分かりやすくまとめてみた

スポンサーリンク

前回の「竹島に関する記事」に引き続き、

今回は「日韓基本条約」について自分なりに簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

【日韓基本条約とは?】日韓の国交正常化に至る経緯など【日韓問題】

まずは、1965年の「国交正常化」とは?

いわゆる、日本と韓国が国交を結んで仲良くする為の決まり事(日韓基本条約)


日韓基本条約とは、

1965年6月22日に、

日本と大韓民国との間で結ばれた条約。
(日韓の国交樹立、日本の韓国に対する経済協力などについて)

1951年から日韓の国交正常化交渉が始まるが、

当時、韓国はまだ戦争中だった為(1950年~1953年までは朝鮮戦争中)

きちんと国交正常化するまでに、朝鮮戦争休戦後、

1953年から1965年の14年間も時間がかかってしまった。

日本も日本で、当時は連合国総司令部(GHQ)に占領されてた。

ではなぜ、韓国は反日だったのに日韓国交正常化をしたのか?という話。

スポンサーリンク

【日韓歴史問題】国交正常化に至るまでの韓国側の事情

その当時の韓国の大統領 = 朴正煕(パクチョンヒ)

朴正煕って誰? = 朴槿恵(パククネ)のパパ。

日本語堪能で成績も優秀。日本語名は、高木正雄。

当時、朴正煕の目指していたところは「反共(反共産主義)と経済開発」

その為、朴正煕には日本と仲良くする理由があった。

当時日本が朝鮮半島を支配している間、どのように開発をしていたかというと?

日本統治時代の朝鮮半島は、朝鮮半島の北部が工業中心(今でいう北朝鮮側)

(朝鮮半島北部は山岳地帯で急な傾斜の川がたくさんあった為、

水力発電で発電所や、工場がたくさん作られた)

朝鮮半島の南部は農業中心(今でいう韓国側)

(朝鮮半島の南部は気候が温暖な為、日本が農業地域として開発)

そして、朝鮮戦争休戦後は北と南に分断され、今の韓国と北朝鮮の形になる。

北朝鮮はそのまま発展した、工業国としてスタート。

韓国は非常に遅れた農業国としてスタート。

man

韓国

北朝鮮に負けるな~!

当時の1960年代は、韓国の周りの国は全て共産主義の国だった(日本と韓国はアメリカ側)

画像で見るとこんな感じ。

赤く示されているのが社会主義、共産主義を目指している国。

黄色はアメリカ側。

man

韓国

ああ、どうしよう…。金が無ぇ…。
このままだと経済発展どころじゃねーよ。
北朝鮮にもボロ負けじゃねーかよ…。
日本との関係を早めに改善しとかないと、
周りも共産主義の国ばっかりだし、経済開発もしなきゃだしなぁ…。

韓国は、北朝鮮に勝つ為には日本からの資金援助が必要だと考えた。

・当時の日本と韓国の1人当たりのGDP

man

韓国

あ!ひょっとすると日本が朝鮮半島を統治してた時の事を言えば、日本から結構金貰えんじゃね?ㅋㅋ
韓国の周りには変な国しかいないし日本と仲良くしとけば何かと得じゃんㅋㅋ
じゃあ、国交正常化しとこうかな?‎ㅋㅋㅋ

と考えた。

簡単にまとめると、

  • 韓国は当時、めちゃくちゃ貧乏(経済援助が必要だった)
  • という事で韓国の言い分としては、

  • 日本に植民地にされていた恨み(賠償金をよこせ!)
  • 他にもいろいろ
  • スポンサーリンク

    【日本と韓国の歴史、日韓関係】国交正常化に至るまでの日本側の事情

    次に国交正常化に至るまでの日本側の事情としては、

  • アメリカからのプレッシャー
  • 韓国政府による漁船の拿捕の問題などの問題「詳しくはこちらの記事
  • アメリカからのプレッシャー

    man

    アメリカ様

    日本!お前らもっと韓国と仲良くしろ
    周りには共産主義の国しかいないんだぞ!

    と、アメリカ様からのプレッシャーを受けた。

    アメリカ様には逆らえません…。(涙)

    operator

    日本

    韓国による日本漁船の拿捕について

    1952年1月18日

    当時の韓国の大統領「李承晩」が国際法を無視して、一方的に「李承晩ライン」を設定。

    man

    韓国

    李承晩ラインを設定したから勝手に韓国の敷地内に入ってくんじゃねーぞ
    漁業禁止だからな ㅋㅋㅋ

     

    そして、

    李承晩ラインに入ってきた日本漁船を次々と捕獲。

  • 当時の李承晩ラインによる日本の被害者数
  •  

    1953年時点で韓国側に捕まった日本人が3929人

    その内の死傷者44人

    お前らのやってる事は国際法違反だぞ!
    さっさと漁師さん達を返せ!

    operator

    日本
    man

    韓国

    うるせー、馬鹿!ㅋㅋㅋ

    という風に一応、抗議はするものの、

    当時は日本と韓国の間には国交が無かった為、話し合いの場所が無かった。

    (今の日本と北朝鮮みたいな感じ)

    早く漁師さん達を釈放させてあげたいなぁ
    アメリカも仲良くしろって言ってるしなぁ…

    operator

    日本

    そして、話し合いの場へ。

    man

    韓国

    賠償金を払って欲しい

    は?何の? 僕達、戦争してないじゃん
    韓国は第二次世界大戦の戦勝国でも何でもないでしょ
    何でお前に金を払う必要があるの?

    operator

    日本
    man

    韓国

    うるせー!お前ら韓国を支配してただろーが
    ふざけやがって!黙って金払え!

    韓国側からすると、朝鮮半島を支配していた事に対して反発を持っている人達がいる。

    日本国内にも、悪い事したなぁと思っている人達が沢山いた。

    だから、なんらかの形で資金援助してあげるべきだ。

    1965年

    「経済協力金(独立祝い金)」という名目で韓国を援助。

    これが「日韓請求権並びに経済協力協定」

    当時は、1ドル = 360円

    当時の韓国の国家予算 = 約3.5憶ドル

    日本からは韓国に「経済協力金」として、

  • 無償で3億ドル(1080憶円)
  • 有償で2憶ドル(720億円)
  •  

    そして民間企業からも

  • 有償3憶ドル以上(1080億円以上)
  •  

    お金だけではなく、その価値に見合うだけの技術者も派遣します。

    もしくは、技術提供をしますよ。

    なのでこの時点で戦争に関する補償は全て終わりね。と決まった。

    (日韓請求権並びに経済協力協定 第二条)

    たくさんお金払ったから今後はもう植民地支配の時のお金の話はしないでね ^^
    もし今後何かあった場合は、それは韓国政府が払ってね ^^
    日本は韓国政府側に全部渡したんだから ^^

    operator

    日本
    man

    韓国

    うんうん分かった!約束!
    これが、日韓基本条約だね ^^

    その結果、朴正煕は8憶ドル以上を受け取る事になる(現在の価値だと1兆円以上)

    そして、そのお金を一般国民への賠償金という形ではなく、国の経済開発の為に使った。

    その結果、

    というのが、日韓基本条約の一連の流れ。

    韓国ではこういった急速な復興、経済成長等の事を「漢江の奇跡(한강의기적)」と呼んでいるみたい。

    スポンサーリンク

    日韓歴史問題、日韓基本条約、国交正常化について

    この一連の流れが分かると、普段インターネット上でネトウヨの方々が、

    金返せ、泥棒!恩知らず!などという気持ちも分かりますね。

    (一部の人は理由も分からず、ただ単に韓国が嫌いでキャーキャー言ってるだけで、これは韓国でも同じ)

    まぁ僕には全く関係の無い事ですが。

    ただまぁこういった事が過去にあったという事をほんのちょっとでも知っていれば、

    そういった人達の気持ちも、ほんのちょっと位は理解する事が出来るかもしれませんね。

    こういった過去の話で、自分自身に直接的に関係があった訳でもないのに、

    まるで自分事のように、いちいち顔を真っ赤にして怒れるというのは、

    見てて本当に楽しいものがあります。

    という事で今回も、日本と韓国の歴史についていろいろと書いてみましたが、

    今回は完全に、日本目線でまとめてみました。

    何だかんだといろいろと書いてはいますが、

    僕は韓国の人達が大好きですし、韓国という国も好きです。

    国がどうとか政治がどうとかいうのは、僕からすると全く関係の無い事ですし、

    まず、全くもって興味がありません(ただ今回は思う事あってちょっとまとめてみた)

    そこらへんの歴史についての事で、キャーキャーと怒り狂って騒げる人間ってたまにいますよね。

    あれって一体何なんでしょう?

    僕は基本的には「差別主義者」や「ネトウヨ」と呼ばれる人達の事を、

    常日頃から頭がおかしい、可哀想って考えてます(ごめんなさい)

    という事でまた今後も何かしら思いつき次第、

    こういった内容の事についてはちょこちょことまとめていきたいと思います。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました