メリットしかない!ひきこもり最高!ニートになりたい人!好きな時に筋トレやゲームが出来て自由で楽しい

スポンサーリンク

という事で今回は、暇さえあれば自宅にひきこもり、年中ニートをして過ごしている僕がおすすめする、

今すぐにでもニートになるべき理由やメリットについて書いてみました。

スポンサーリンク

ひきこもり、ニートになるメリット:毎日自由で楽しい

という事で、ひきこもり、ニートになる事のメリットについて、

まず個人的にはメリットしかないと感じていて、理由としては、

スポンサーリンク

ニート最高!好きな時に筋トレやゲームが出来る

まずは、とにかく自由過ぎるという事で、

無駄に働かない=自分のためだけに時間を使えるという事が、まずは一番のメリットで、

自分の時間の使い方に関しては、自分の趣味だったり、勉強だったり(スキルアップ)も含め、

あとは、ただただダラダラと過ごして休むなどと、とにかく何でもOK。

普段、普通に仕事やバイトなんかしてたら、こんなに毎日を適当に過ごす事なんかなかなか出来ないはず。

アニメだって自分の好きな時にいつでも見放題だし、いつでも自分の気が向いた時に釣りやキャンプだって行き放題。

そして、好きな時間まで、散々飽きるまでゲームをして過ごしてもOK。

とにかくひきこもり、ニートというのは本当に自由で最高。

スポンサーリンク

ひきこもり、ニートになるとストレスが減るので最高

そして、無駄に仕事をしたり、嫌な職場で毎日意味もなくあくせく働く必要がないし、

自分の望まない環境に身を置く必要がないので、ストレスが溜まる事がない。

仕事をしていない、働いていない事が逆にストレスになるという人達もいるみたいだけど、そういう人達は、適当に勝手に仕事してればOK。

何かそういう人達というのは、働いてない事に対しての罪悪感みたいなものに悩まされる事もあるみたいで、

ある程度、時間やお金、精神的に余裕がある人の道楽とはまた違った感じの悩み。

スポンサーリンク

ニートになりたい人 → 健康になれるのでおすすめ

上にも書いたように、まずは無駄に働かなくて済むのでストレスが減る。

そしてニートは、自分の好きな時間や余裕のある時に、いつでも筋トレやダイエットなどの運動をする事が出来る。

それに加え、まじめに筋トレやダイエットを始めると、そんなに頻繁に外食をしなくなるため、

自動的に健康的な食事を摂る事になり、その結果、お金の節約にもなる。

定期的に運動をする事により、睡眠の質の改善にも繋がり、今まで以上に生活に活力が出る事も。

ただしもちろん、毎日ファストフードやカップラーメンばっかり食べてたら体にとっては良くないし、

毎日毎晩、浴びる程に酒ばっかり飲み狂っててもダメ。

スポンサーリンク

美容にもいいので最高【ひきこもりが老けない理由】

まずは上にも書いたように、無駄に嫌な仕事をする必要がないので、ストレスが減る。

そして、外に出る機会も減るため、日焼けをせず美白になり、その結果、肌もきれいになり、必要以上に老けないというのもメリットの1つ。

今の時期だと、外でコロナ菌をバンバンに吸いまくって自ら感染しに行く危険性も多少は減るかも。

スポンサーリンク

毎日自由で楽しいひきこもり、ニート生活は本当におすすめ!

という事で今回は、ひきこもり、ニートになりたい人向けの記事で、

プロニートの僕が、ひきこもりやニートというのがどれだけ素晴らしくていいものか、という事について書いてみました。

今回の内容を簡単にまとめると、

  • とにかく自由
  • 有意義な時間を作れる
  • ストレスを減らせる
  • 健康にいい
  • 美容にいい
  •  

    などなど。

    まぁとにかく、今回言いたかった事というのが、

    無駄に働いて、無駄にそこら辺の訳の分からないハゲ頭にペコペコと頭を下げる事だけが人生じゃないよという事。

    今現在お金がないだったり、仕事がつまらない、仕事でストレスが溜まり過ぎてて死にそう、もう嫌…。

    というような人に関しては、まずは無駄に浪費をしない習慣や方法というのを身につけて、

    その後に、軽くお金を貯めるコツを掴んで、その浮いた分の時間やお金を使って、一時的にニートをするというのでもOK。

    【節約術ブログ】貧乏、生活苦から抜け出す方法やコツ!ミニマリストがおすすめ

    そして、その間に何かしら自分にとって為になるような、勉強やスキルアップのために時間に費やして、

    その後、もっといい環境に転職をする、狙っていくというのもありかも。

    【ブログ】ミニマリストになりたい:考え方や暮らし方とメリット【貧乏暇なしで辛い人向け】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました