【予防医療】がんの初期症状!肺・大腸・胃・膵臓・乳・前立腺・食道・咽頭、喉頭

スポンサーリンク

今回は、予防医療に関する記事で、がんの初期症状に関する記事を簡単にまとめてみました。

初期症状に関しては、がんの種類によって変わってくるのですが、今回は、

肺がん、大腸がん、胃がん、膵臓がん、乳がん(乳房)、前立腺がん、食道がん、咽頭がん、喉頭がんについて。

もし常日頃、こういった事を意識しつつ生活をしていけば、いざという時に病院にかかる事も出来るので、覚えておいても損はない情報かも。

【ブログ】がん治療応援サイト:腫瘍マーカーの見方

スポンサーリンク

【予防医療ブログ】男女別のがん死亡数の順位について

という事でまずは、男女別のがん死亡数の順位についてで、

男性の場合だと、

  • 肺がん
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 膵臓癌
  • 肝臓がん
  •  

    女性の場合だと、

  • 大腸がん
  • 肺がん
  • 膵臓癌
  • 胃がん
  • 乳がん(乳房)
  •  

    と、2021年の時点だとこんな感じみたい。

    そして次からは、それぞれのがんの初期症状について。

    スポンサーリンク

    肺がんの初期症状について

    まずは、肺がんの初期症状にとしては、

  • 咳や痰が出る
  • 痰に血が混ざる
  • 胸の痛み
  • 呼吸がし辛い、声がかすれる
  •  

    と、こんな感じ。

    スポンサーリンク

    大腸がんの初期症状について

    そして次に、大腸がんの初期症状としては、

  • 遺伝
  • 体重が減る
  • 便秘
  • 血便
  •  

    と、こんな感じで、あとは、めまいが治らない場合なんかは要注意との事。

    経験者の話によると、肛門付近が痛くなったという人もいる。

    スポンサーリンク

    胃がんの初期症状について

    そして次に、胃がんの初期症状としては、

  • みぞおちの痛み
  • 便の色が黒くなる
  • すぐにお腹がいっぱいになってしまう
  •  

    といったような感じで、あとは、

    左の鎖骨のくぼみにしこりが出来る場合なんかもあったりして、その場合は、

    リンパ節転移が疑われるとの事(ウィルヒョウ転移というらしい)

    その場合、かかるお医者さんは「消化器内科」との事。

    スポンサーリンク

    膵臓がんの初期症状について

    そして次に、膵臓がんの初期症状としては、

  • 血糖値の上昇
  • 黄疸
  • みぞおちや背中の痛み
  •  

    と、こんな感じで、とにかく膵臓癌は見つかりにくい。

    そして、いざ見つけた時にはもうかなり進行しているといったパターンが多いみたいで、

    死亡率も高く、がんの王様とも言われている位に厄介で、予後は最悪だし、痛みも伴う。

    初期症状の血糖値の上昇については、糖尿病の人は特に要注意で、

    糖尿病を持っているというだけで、膵臓癌になるリスクはかなり上がる。

    あとは、黄疸については、目や顔の色が黄色くなったら要注意。

    スポンサーリンク

    乳がん(乳房がん)の初期症状について

    次に、乳がんの初期症状としては、

  • 胸から脇にかけてのしこり
  • 胸から何かしらの液体物が出てくる
  • 胸の形
  •  

    などなどで、

    胸から脇にかけてのしこりに関しては、悪性のものだと固い、

    そして、触っても動かないものだと要注意で、あとは、形もいびつ。

    そして、胸から何かしらの液体物が出てくるという事に関しては、

    乳がんの初期症状の特徴として、片方の胸から何かしらの液体物が出てくる事で、

    両方の胸からそういった液体物が出てくる事は、ほとんどないみたい。

    あとは、色が茶色かったり赤かったりすると、乳がんからの血が混ざっている事があるので要注意。

    そして、症状として痛みを感じる事は少ないみたい。

    あとは、胸の形に関しては、胸にくぼみやえくぼが出来る(皮膚ががんに引っ張られてそうなる)

    そういった場合は、乳腺外科に行くといいとの事。

    スポンサーリンク

    前立腺がんの初期症状について

    そして次に、前立腺がんの初期症状としては、

  • 腰痛
  • 頻尿
  • 残尿感
  • おしっこの色
  •  

    などなどで、

    初期症状の腰痛に関しては、前立腺がんは骨に転移しやすく、その結果カルシウムの値が上昇する。

    そして、夜に頻繁にトイレに行くようになる(夜中に2回以上トイレに行くようになると要注意)

    次に、尿が出にくくなる、残尿感など、あとは赤いおしっこが出るなど。

    他には、前立腺がんの影響でED、勃起不全になる事もあるみたい。

    スポンサーリンク

    食道がんの初期症状について

    そして次に、食道がんの初期症状としては、

  • 食べ物がしみる
  • 食べ物が詰まる
  • 声がかすれる
  •  

    などなどで、

    食べ物がしみるというのがどういった感覚かというと、

    感覚的には、チクチクと痛かったり、あとは熱い感じがあったりするみたい。

    その場合、ほっとくとその後症状が治まる事があるけれど、その時にはもう食道がんが大きくなってる可能性もあるとの事。

    そして、食べ物が食道付近で詰まる、つかえるという症状に加え、声がかすれるという初期症状も。

    その場合は、消化器内科に行くといいみたい。

    あまりに熱いものを食べたり飲んだりしてると、食道がんになるリスクが上がるかもと言われていて、

    温度が60度以下なら、特に問題はなしとされてるみたい。

    ただし、それ以上の温度だと、食道がんのリスクが上がる可能性があるとの事。

    スポンサーリンク

    咽頭がん、喉頭がんの初期症状について

    次に、咽頭がん、喉頭がんの初期症状としては、

  • 声がかすれる、出しづらい
  • 耳が詰まった感じがする
  • 食べ物がつかえる
  • 呼吸が苦しくなる
  •  

    といった感じで、咽頭がん、喉頭がんに関しては、早期発見に役立つ検査は今のところはまだないみたい。

    咽頭がん、喉頭がんに関しては、耳鼻咽喉科に行くといいみたい。

    スポンサーリンク

    【予防医療】がんの初期症状:まとめ

    という事で今回は、がんの初期症状について、とても簡単にまとめてみたのだけれど、

    とりあえず、どのがんにも見られる特徴としては「体重の減少」

    なので、何かしら変だな、怪しいなと感じる場合には、早めに病院に行って検査をしてみるという方法もあるし、

    何事も早期発見で、早めに処置をすればする程、予後もいいし、何事もまずは予防から。

    海外のセレブなんかだと、乳がん予防のためにもう予め自分の胸を切り取ったりするパターンもあるみたいだし、

    個人的には、胆嚢や盲腸なんかは、今後のがん予防のために早い内に取っておいてもいいのでは?と思う事も多い。

    まぁいろいろとあるけれど、がんって結局は遺伝と、

    もしくは単に運じゃね?と言われていたりもするみたいで、未だに分かっていない事も多い。

    内臓に関しては、部位によっては、最悪なくても生きていける場合も多いし、

    建築家の安藤忠雄さんなんかに関しては、胆嚢、胆管、十二指腸、膵臓、脾臓と、5つの内臓がないにも関わらず、未だに元気。

    なので、あまり悲観的になり過ぎないという事も精神衛生上重要なのかも。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました