コーヒーの健康効果、効能!体に悪い?便秘、血管や糖尿病にいいって本当?発がん性は?

スポンサーリンク

今回は、コーヒーの健康効果、効能についての記事で、

結局のところ、コーヒーは体にいいのか?それとも体に悪いのか?発がん性はあるのか?

あとは、便秘や血管、糖尿病にいいのか?などについて書いてみました。

スポンサーリンク

コーヒーの健康効果!便秘、血管や糖尿病にいいって本当?発がん性は?

という事でまずは、コーヒーの健康効果、効能、メリットについて簡単に書いてみると、

病気による死亡率を下げる点がまずは上げられる。

例えば、コーヒーには糖尿病に心疾患や自殺など、あとは、発がんリスクを下げてくれたりといった効果もあるみたいで、

発がん性があるどころか、むしろ下げてくれるという飲み物で、特に肝臓系の病気に有効との事。

あとは何気に便秘にいいとかで、僕もコーヒーを飲んだ時には必ずトイレに行きたくなったりもするし、

一般的には、コーヒーを飲んでから20分以内には効果が表れる事が多いみたい(もちろん効かない人もいる)

スポンサーリンク

コーヒーってどれ位飲めば体にいいの?1日何杯?

次に、1日にどれ位のコーヒーを飲めばいいのか?

もしくは、飲み過ぎるとどうなるのか?という部分に関しては、

別に飲み過ぎたからといって体に害がある訳ではないみたいだけど、

1番効果が表れやすいのは、1日に2杯以上(3杯~4杯くらいが丁度みたい)

ただし、コーヒーに関しては、毎日1杯からでも十分に効果は見込めるみたい。

スポンサーリンク

コーヒーの健康効果、デメリットについて

ただし、コーヒーをたくさん飲んでれば誰でも健康になれるという話でもなくて、

やっぱり、カフェインの代謝が上手くない人にとっては、害になる可能性もあるとの事。

なので、もしもカフェインに耐性がないという人は、ノンカフェインのコーヒーでも同じ健康効果が得られるので、

そういった場合には、ノンカフェインコーヒーをすすんで飲む事をおすすめ。

ただし、カフェインを取り除く際に、いろいろな薬剤を使っているケースもあるので、出来れば、オーガニックのノンカフェインコーヒーを飲む事をおすすめ。

【膵炎・食事ブログ】コーヒーって飲んでいいの?悪い?おすすめはオーガニックとその理由

スポンサーリンク

コーヒーの効果、効能をより発揮するおすすめの飲み方や注意点

という事で、上にも書いたようにコーヒーは体にいいという研究結果が山ほどあって、

実際にコーヒーを飲むと死亡率が下がるとの事。

ただし、1つ注意点があって、コーヒーを飲む時はフィルターを使う事で、より健康効果が高まるみたいで、

フィルターを使わずにコーヒーを飲むと、心疾患のリスクが上がるかもという話もあって、

コーヒーをフィルターに通す事で、悪い成分をかなり取り除く事が出来るみたい。

(それでもコーヒーを飲まないよりかは、飲んだ方が体にはよく、心疾患リスクも下がるとの事)

なので、コーヒーを飲む時は、フィルターを使う事をおすすめ。

僕自身は普段コーヒーを飲む時にフィルターを使わないので、これはちょっと寂しい結果に。

あとは、油っこいものや高温調理されたものを食べた後に、コーヒーを飲む事によって、

コーヒーが食物に含まれる酸化物質を減らしてくれるとの事。

ただし、インスタントコーヒーだと、製造の際に健康に有効な成分が除去されてしまうので、出来れば普通のコーヒーの方がおすすめ。

という事で、僕もさっそくペーパーフィルターを買いに行こうかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました