CBDとは?効能や効果について!メリットや依存性は?違法?合法?

スポンサーリンク

今回は「CBD」とは一体何?という話についてで、CBDの効果や効能、依存性について、

日本では合法なのか? 違法ではないのか?

そういった今話題の「CBD(カンナビジオール)」のメリットなどについて、簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

CBDとは?日本では合法?違法ではないの?依存性は?

という事で、まずは「CBD」とは一体何?という事について、

CBDとは → 麻、大麻に含まれるカンナビノイド成分の1つで、ポリフェノールの1種。

CBDとは、カンナビジオール(Cannabidiol)の略で、向精神作用(依存性、中毒性)などはゼロ、なので安全。

そのため「CBD(カンナビジオール)」に関しては、日本においても使用、所持と共に合法で、全くもって違法ではない成分で、

「CBD(カンナビジオール)」に関しては、主にてんかんや精神病、不安障害などへの効果があると言われていて、

海外だと国によっては、一般的に使用されているものもあり、

スウェーデンでは医薬品として分類されていたり、オーストラリアやニュージーランド、カナダやアメリカ、イギリスなんかでも医薬品として処方されているもの。

ここ最近は日本においても、少しずつCBDに関する認知度が上がってきている様子だけど、未だに大麻から取れる成分と聞いただけで、

大麻ガー!大麻ガー!と無条件に脊髄反射を起こすような人達もいるみたい(国によっては大麻の所持、使用自体も合法)

タトゥーなんかでも、タトゥーという単語を聞いた時点で、無条件に脊髄反射を起こすようなタイプの人間だったり、

あとは放射脳 → コロナ脳 → 反ワクチン脳 → そして次は大麻脳とこんな感じの順番で、一定数こういう人間というのはどこにでもいる。

スポンサーリンク

【医療用大麻】CBD(カンナビジオール)の効能、効果やメリットについて

上にも書いたように「CBD(カンナビジオール)」には、てんかんや精神病などへの効果以外の他にも、

体内の炎症を抑える働きや、慢性的な痛み、

あとは、うつ病などの精神障害の治療の際にも効果を発揮するなどとも言われていて、

他にも、アルツハイマー病や認知症にパーキンソン病、あとは、糖尿病やアルコール依存症や、

皮膚疾患などの治療にも効果があるかもと言われていたり、今もまだ研究が進められている分野。

ただし、CBDにも製法、抽出方法というのがいろいろとあって、

  • アイソレート
  • ブロードスペクトラム
  • フルスペクトラム
  •  

    というものがあって、抽出方法によって成分の内容というものが随分変わってくる。

    そして、それぞれの効果に関しては、CBD単体(アイソレート)で摂取する場合だと効果が弱いともされている。

    こういった成分の違いなどの内容に関しては、別の記事の中でも詳しく書いているので、もし興味があれば覗いてもらえればと。

    【医療大麻ブログ】CBDオイルやパウダーなど、CBDの製法、抽出方法による成分や効果の違い!

    スポンサーリンク

    CBDの効能や効果について!メリットや依存性は?違法?合法?まとめ

    今回は「CBD」とは一体何?という話についてで、CBDの効果や効能、依存性について、

    日本では合法なのか? 違法ではないのか?

    「CBD(カンナビジオール)」のメリットなどについて、簡単にまとめてみました。

    簡単に内容をまとめると、

    「CBD(カンナビジオール)」などの成分を含む医療大麻に関しては、世界中で今現在もいろいろな用途での研究が進められている成分という事で、

    国によっては医薬品としてもきちんと処方されていて、実際にいろいろな方面でメリットや効果があるものと言われている。

    CBDに関しては、日本においても法律的にも認められている成分で、全くもって違法なんかではないという事。

    ただし「CBD」を使いさえすれば、いろいろな悩み事など何もかもが解決する、

    どんな病気にでも確実に効く!というような、まるで万能薬のようなものではないけれど、

    その人の体調や症状によっては、実際に効果が見込めるとも言われている成分ではあるので、

    もし今現在、精神的に参っていたり、何かしらの不安な問題を抱えていたりする場合は、

    実際に一度試してみて、自分の体や症状に合うかどうか、効果がどのようなものかというのを感じてみる価値は充分にある。

    個人的にはかなりおすすめで、僕自身も使用しているもの。

    実際の使用方法や、それぞれの効果の違いなどについても、また別の記事の中で簡単にまとめていたりもするので、

    もし興味があれば、そちらも覗いてもらえればと。

    【ブログ】CBDの摂取方法による効果、効能の違いやメリット、注意点!どんな人におすすめか

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました