CBDの摂取方法による効果、効能の違いやメリット、注意点!どんな人におすすめか

スポンサーリンク

今回は「CBD(カンナビジオール)」の効果、効能についての記事で、

摂取方法による効果の違いや、それぞれの特徴、メリットについて。

あとは、どんな人におすすめか?というのを、簡単に書いてみました。

【ブログ】CBDとは?効能や効果について!メリットや依存性は?違法?合法?

スポンサーリンク

CBD(カンナビジオール)の使用、摂取方法、使い方によるそれぞれの違いや特徴について

CBD(カンナビジオール)の使用方法、摂取方法や一般的な使い方としては、

  • 加熱して吸う
  • オイルを舌下(ベロの下)に垂らす
  • 調理して食べる(グミやクッキーなど)
  • 痛い部分に直接塗る(オイルマッサージなど)
  •  

    などなどと、一般的にはこんな感じで、他にもペット用のCBD製品(リラックスオイルなど)なんかもあったり、

    あとはお風呂に入れて使ったり、国によっては料理に使われていたりと、とにかく使用用途としてはかなり広い。

    摂取方法によっても、それぞれに効果や特徴があって、

    例えば、摂取してから効果が表れるまでの時間としては、

  • 加熱してから吸う → 数秒から数分後
  • 口から摂取(食べる) → 1~2時間後
  • 舌下、口の粘膜から摂取 → 数十分から1時間後
  • 痛いところに直接塗る → 数十分後
  •  

    といった感じで、

    例えば、加熱して直接吸う場合(タバコと似たような感じ)、効果は本当に一瞬にして表れる事が多いけど、その分効き目も短く、時間としては、数時間程度。

    それに比べて、グミやクッキー、チョコレートやジュースなどと、直接口から摂取する場合は、

    胃や肝臓を通して、実際に効果が出るまでに時間がかかるので、吸引する場合と比べると調節が難しいというのがデメリット。

    ただし、その分効いてる時間、効果も長続きする。

    逆に加熱して取り込む場合にはすぐに効果が表れるので、自分自身で量の調節もしやすく、手軽で簡単に楽しめるというのがメリット。

    他にはCBDオイルを舌下、口の粘膜から直接摂取した場合は、胃や肝臓を通さずにCBDの成分を血液中に送り込む事が出来るので、

    直接胃にCBDを取り込むよりかは、効果が出るまでの時間は早く、実際の効果も高めで無駄がない。

    スポンサーリンク

    医療大麻の効果、効能について!どんな人におすすめか?

    「CBD(カンナビジオール)」などのカンナビノイド成分(医療大麻)が、

    一般的にどんな人や症状に効果があると言われているかというと、

  • うつ病などの精神障害
  • ストレス緩和、不安障害
  • 慢性的な痛み
  • 睡眠障害
  • 体内の炎症を抑える
  • てんかん
  • 認知症
  • アルツハイマー病
  • パーキンソン病
  • アルコール依存症
  • 糖尿病
  • 皮膚疾患
  •  

    などと、こういったイライラや不安感、もやもや、うつ病など心のケア、

    良質な睡眠の治療に効果がある事以外にも、脳や臓器の疲れなどにも効果が認められるかもという事で、

    これまでにも多くの臨床試験が行われていて、他にも抗がん作用だったり、鎮痛効果など、

    そういった様々な活用方法について、今現在も検証が進められているところ。

    一般層の中でも、実際に効果があるという声もかなり多く、科学的にも認められている部分も多く、

    僕自身も、実際に効果を感じている部分もかなりあるので、おすすめ。

    スポンサーリンク

    CBDを使用する際の注意点:効果、効能

    「CBD(カンナビジオール)」を使用する際の注意点としては、

    これに関しては、別の記事の中でも書いてはいるのだけど、

    CBDには、薬のいろいろな成分との相互作用があったりする事も特徴。

    なので、薬との飲み合わせ次第では、相性の悪いものもあって、

    その中でも、一般的に言われているものとしては、

  • ステロイド
  • 抗ヒスタミン薬
  • 抗HIV薬
  • ベンゾジアゼピン系
  • 免疫抑制剤
  • 抗不整脈薬
  • 抗生物質
  • 麻酔薬
  • 抗精神病薬
  • 抗うつ薬
  • 抗てんかん薬
  • 非ステロイド系抗炎症薬(PPI)
  •  

    などなど。

    あとは、あんまりにも過剰に摂り過ぎると、下痢やお腹に不快感が出たりする事もあるみたい。

    他には、お酒と一緒で合う合わない、もしくは、強い弱いがあったりなど。

    なのでもし、今現在そういったいろいろな薬を飲んでいたりする人に関しては、初めに自分できちんと調べるなりする必要がある。

    スポンサーリンク

    CBDの効果、効能や摂取方法による違いやメリット、注意点!どんな人におすすめか:まとめ

    今回は「CBD(カンナビジオール)」の効果、効能についての記事で、

    摂取方法による効果の違いや、それぞれの特徴、メリットについて。

    あとは、どんな人におすすめか?というのを、簡単に書いてみました。

    ここ最近は日本においても「CBD」に関する認知度はかなり上がってきている様子で、

    実際に「CBD」を使用している有名人やアスリートの人達も増えてきていて、僕自身も実際に効果を感じているので、とてもおすすめ。

    ただし、CBDの抽出方法や製品によっては、実際の効果が弱まったりもするので、そこら辺には注意する必要があるかもだけど、

    基本的にはかなりおすすめ。

    【ブログ】CBDオイルやCBDパウダーなど、CBDの製法、抽出方法による成分や効果の違い!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました