アナルセックスの方法、やり方やコツ、準備、注意点について!どうやってやればいいの?【初心者向け】

スポンサーリンク

今回は、アナルセックスのやり方やコツ、準備についての話で、

どうやってやれば痛くないの?とかそこら辺についての話で、アナルセックス初心者向けの記事。

スポンサーリンク

アナルセックスの方法、やり方やコツ【初心者向け】

という事でまずは、アナルセックスの方法、やり方やコツについてという事で、初めに相手の肛門(アナル)を拡張する必要がある訳だけど、

このやり方に関しては、やり方やコツを掴むために、まずは自分で自分の肛門(アナル)を拡張してみる事が、一番の近道で、

そうする事で、一体どれ位入れたら痛いのか、どんなペースで入れれば相手が苦しくないか、

どの位濡れてないとダメなのかなど、苦しくない入れ方やペースが自分で分かってくる。

自分の肛門(アナル)に物を入れた事がないくせに、その感覚すらも分からないまま、

相手の肛門(アナル)に、いろいろなものを手探りでガンガンに入れていくというのがまずは間違い。

まず、一番大事な事としては、相手に出来るだけ痛みや恐怖を与えないようにする為に、まずは自分自身の体で試してみる必要がある。

それすらもしないで、相手に一方的にアナルセックスをやらせてもらおうなどという、

そんな人間に、アナルセックスをする資格はなし位に思ってもらってOK。

そして、いざ入れるとなった時には、自分からグングンと押し込んで入れるというよりは、

最初は、相手にじっくり導いてもらう方がいいかも。

あとは、入れる際の角度なんかも割と重要。

そして、いざ入ったからといって、初めはガンガンに動かさない事も大事。

スポンサーリンク

アナルセックスをする際の準備!どうやってやればいいの?やり方、コツ

そして、まずアナル拡張の準備としては、

  • ローション
  • 拡張グッズ
  •  

    この2つに関しては、必ず必要で、

    まず、お尻に塗るものに関しては、ローションがなければワセリンでもOK。

    何だったら両方共使えばOKで、あと、拡張グッズに関しては、最悪なくても行けるけど結構大変だと思う。

    おすすめの拡張グッズとしては「アナル拡張器具の10点セット」で、僕も普段使っているもの。

    そして、ローションやワセリンに関しては「アストログライド」と、念のため普通の「ワセリン」を買っておけばOK。

    そして、まずは一番小さいものから挿入をしていく。

    挿入をして、そのサイズがお尻に馴染んでくるまでには、ある程度の時間がかかるので、

    その際は、2人でイチャイチャしてればOK。

    そしてある程度時間が経って、そのサイズがお尻に馴染んだ頃にまた、次のサイズのものをゆっくりと少しずつ入れていけばOK。

    スポンサーリンク

    アナルセックスをする際の注意点① 行為中【初心者向け】

    そして、アナルセックスをする際の注意点としては、決して無理はしない事。

    興奮してると、相手の要望や言う事を全く聞かなくなって無理に入れようとするパターンもあるかもだけど、

    まずは、痛いと言ったら必ずやめる事が重要で、そうしないと次に繋がらなくなる。

    何だったら、一度相手にアナルセックスは痛いものだという、恐怖心を与えてしまった場合には、今後一生出来なくなる可能性も十分にある。

    まず自分の肛門(アナル)で試してもらえれば分かるけど、本当にお尻の穴というのは繊細で、

    無理にやってしまうとすぐに血が出てしまったりもする。

    あとは、相手が元々痔持ちだったりする際には、もう初めからしない、諦めるという選択肢もあり。

    スポンサーリンク

    アナルセックスをする際の注意点② 終わった後にやる事【初心者向け】

    そして、無事にアナルセックスが成功した場合には、

    一応、念のため痛みが無かったとしても、内部が多少傷ついていたりする可能性もあるので、

    終わった後には「痔の薬」を相手のお尻、肛門内部まで塗ってあげる方がいいかも。

    そうしないと、後から傷口に痒みが出たりする可能性があったりなかったり、

    終わった後に「痔の薬」を塗れば、その分回復も早まるし、相手への安心感を与える事にもつながる。

    スポンサーリンク

    【初心者向け】アナルセックスの方法、やり方やコツ、準備について!どうやってやればいいの?まとめ

    という事で今回は、アナルセックスの方法、やり方やコツについての話で、

    内容を簡単にまとめると、

    まずは、必要な道具を全て揃えたら、その後は自分自身の肛門(アナル)で練習をしてみるのは一番という事。

    そして、ある程度のコツを掴んだら、今度はそこで初めてパートナーと一緒に、ゆっくりゆっくり試してみるという事。

    そして、その際には、決して無理はしないという事。

    そして、元々パートナーが痔だったりする際には、無理してやらないという事。

    僕はゲイの友達が周りに相当数いて、その人達のいうには、

    アナルセックスが出来る出来ないというのは、ある程度才能というものがあるという話も聞いた事がある。

    なので、みんながみんな頑張れば必ずしも出来るというものでもないみたい。

    初めからすんなり出来る人もいれば、出来ない人もいるとの事で、

    なので、決して相手に無理はさせない事がまずは重要。

    あとは、初めの内は、プロの方々にお願いするというのもありかも。

    おわり。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました