【絶対ダメ】靴の正しい洗い方や注意点について。プロの靴屋さんに聞いた話

スポンサーリンク

今回は、靴の正しい洗い方という事で、実際にプロの靴屋さんに聞いた方法をご紹介。

靴底が毎度ベロンとはがれてしまうという人は、特に要注意な情報。

スポンサーリンク

靴を洗う時の注意点

まず、靴の洗い方として絶対にやってはいけない事は、

  • 靴を水に漬け置きにする
  • 靴を洗濯機に入れて洗う
  •  

    まず最低限、この2つだけは絶対にやってはいけないという事。

    靴を水で洗ってはいけない理由

    グーグルなんかで「靴 洗い方」と検索すると、大体が、

    しつこい汚れを落とすには「水に漬け置き」とか、

    「洗濯機で丸洗いOK」などと書いてありますし、

    僕自身も以前は靴を洗う際、洗濯機にそのまま靴を入れてガンガン洗っていましたし、

    コインランドリーに行けば、靴専用の洗濯機なんかもおいてありますし、

    しかしこれらは絶対におすすめ出来ませんし、靴を水で洗う事によって、靴の寿命が極端に短くなります。

    その理由としてはまず、

    靴と靴底を貼り付けている接着剤が、水や湿気にとても弱いという事。

    靴を水に漬け置きにしたり、洗濯機で洗う事によって、靴底がすぐにはがれやすくなってしまいます。

    なので、毎度靴底がベロンとはがれてしまうという人はこれが原因である事がほとんど。

    僕自身、この話を靴屋さんの友人に直接聞いて洗濯機で洗う事をやめて以降、

    靴が非常に長持ちするようになりましたし、靴底が剥がれるといった事は今はもう完全になくなりました。

    スポンサーリンク

    正しい靴の洗い方

    靴を水で洗ってはいけない、だったらどうやって洗えばいいの?という事で、

    出来るだけ靴を長持ちさせるための正しい洗い方としては、以下の方法があります。

  • 靴の中敷きだけを頻繁に洗う
  • 歯磨き粉や重曹などを使ってブラシでこする
  • 消しゴムでこする
  • 除菌スプレーや漂白剤などを使って拭く
  •  

    靴の中敷きに関しては、普段洋服を洗濯するペースと同じように毎週洗濯機で洗っても問題はないみたい。

    靴の表面のしつこい汚れに関しては、歯磨き粉や重曹などを使って、傷をつけない程度にブラシでこする。

    場合によっては、消しゴムでこすって落ちる事もある。

    それでも汚れが落ちないという事でしたら、除菌スプレーや漂白剤などを使って拭いたりトントンと叩けばOK。

    それでもなかなか汚れが落ちない、面倒だから水に漬け置きにした後に洗濯機で洗うといった手段もありでしょうが、

    靴の寿命はものすごく短くなります。

    そして靴底が外れるその度に、靴屋さんに修理をお願いするようになってしまいます。

    安物のどこにでもある靴でしたら、また買い直せば済む話でしょうが、

    高価でデザインも履き心地もお気に入りでなかなか手に入らないというものでしたら、出来るだけ水で洗う事は避けましょう。

    そうする事で、靴が何年も長持ちします。

    靴を長持ちさせるために、靴や足が臭くなるのを防ぐ為に出来る簡単な対策方法

    ただ、靴を洗わずに長く履いてると靴や足が臭くなりがち。

    でも靴を水で洗う事はおすすめしていない、という事で、

    靴を洗うという方法以外に、他に出来る対策方法としては、

  • 同じ靴を毎日履かない
  • 同じ靴を長時間履かない
  • 靴下は毎日変える
  • カフェや室内などでは、靴を脱いで通気性をよくする
  • 靴を保管する際には、湿気のこもらない通気性のよい場所で
  •  

    特に、洗っても洗ってもにおいの元が取れない靴下というのもあるので、

    そういった靴下は迷わず捨てる事。

    常に清潔な靴下を履く事を心がけましょう。

    スポンサーリンク

    靴の正しい洗い方や注意点:まとめ

    インターネット上の情報というのは、本当に嘘ばかり書かれている事が非常に多いですね。

    ここ最近は、そういった情報が特に蔓延しているなと感じます。

    あるサイトでは「靴は水洗い出来ますよ!そしてもし靴が壊れたらこれ!」

    というように、靴屋さんの紹介をするサイトだったりとそんなのばっかり。

    今回紹介した方法というのは、靴屋さんからしたら常識的のやり方との事ですが、

    軽く検索をしてみたところだと、どのサイトも洗濯機で洗ってもOKと。

    なので、毎度靴底がベロンとはがれるという人は特に注意。

    原因はほぼほぼ間違いなくこれ。

    もしくは、湿気の多い場所で長い間保管をしていて、

    いざ久しぶりに履こうと思ったら、靴底がボロボロといったパターン。

    靴は通気性の良い場所にて、保管をしましょう。

    靴は決して水洗いせず、洗うのは中敷きだけ

    そうする事で、自分のお気に入りの靴を今までよりも、

    何年も長く履けるようになりますので、今回おすすめした次第です。

    それではまた。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました