【テント泊】キャンプ用のインナーマットって必要?種類や特徴、それぞれの違いについて

スポンサーリンク
man

困ってる人

キャンプに興味があるのだけれど今回が初めてで
まず最初にどんなマットを選べばいいのかが分からない

 

という事で今回は、登山やキャンプなんかでテント泊をする際には必ず必要になる、

「インナーマット」の種類や特徴、それぞれの違いについて書いてみました。

キャンプをする事自体が、健康面にもとってもかなりいい面ばかりなので、趣味の1つとして取り入れるのは非常におすすめ。

自然の癒し効果、ストレス発散効果、メリットがやばい【散歩・登山・キャンプ・家庭菜園】

スポンサーリンク

キャンプ用のインナーマットって必要?どんな種類があるの?

まず、テント泊をする際に、テントの中に敷いて寝るためのキャンプ用の「インナーマット」の種類に関しては、大まかに分けると、

  • フォームマット
  • インフレーターマット
  • エアーマット
  • コット
  •  

    と、こんな感じで、

    簡単に説明しておくと「フォームマット(ウレタンマット)」というタイプのものが、銀マットなどの折り畳みタイプのようなものやロールタイプのもの。

    そして次に「インフレーターマット」というのは、スポンジが中に入ってて空気を入れる蓋の部分を空けると、

    中のスポンジが外の空気を吸い込んで、自動的に膨らむタイプのマット。

    そして「エアーマット」は、自分で空気を入れて膨らませて使うタイプのマット。

    それぞれにいい点と悪い点というのがあって、

    フォームマット」は収納サイズが大きいけど、頑丈で急に壊れたりするような事はなく、値段も数千円位からある。

    インフレーターマット」と「エアーマット」に関しては、穴が開いたりしたら空気が漏れてしまい終わり。

    ただし「エアーマット」に関しては、空気を抜いて畳んでしまえば、収納サイズとしてはかなり小さくて済む。

    インフレーターマット」に関しては、空気を入れるタイプのものにも関わらず、

    中にスポンジが敷き詰められているタイプのマットため、しっかりと畳んだとしても、収納サイズはそこまで大して小さくはならない。

    なので、収納サイズは大きいけれど、軽くて丈夫で使い勝手がいい「フォームマット

    収納サイズが小さくて持ち運びにはかなり便利だけど、マットに穴が開いた場合は、使い物にならなくなる恐れのある「エアーマット」

    この2つがおすすめ。

    スポンサーリンク

    キャンプ用のインナーマットがなぜ必要か?

    まず、キャンプ(テント泊)をする際に「インナーマット」というのは、何気に一番重要な部分で、

    ここに関しては、実際にテント泊をしてみれば分かる事なのだけど、これがあるとのないのとでは、次の日の疲れ方が全くもって変わってくる。

    まず「インナーマット」を使わずにテント泊をするとどうなるかというと、

  • 寝つきが悪くなる(熟睡出来ない)
  • 朝起きて腰や背中が痛い
  •  

    などなど。

    あとは、地面からの底冷えを防ぐという役割もあったりする。

    例えば、試しに自宅のフローリングの上で数日間寝てみると「インナーマット」の重要性というのが、かなり分かってくるはず。

    スポンサーリンク

    キャンプ用インナーマットのそれぞれの特徴や違い

    という事で次に、それぞれのマットの特徴や違いについて

    フォームマットの特徴

    まず、それぞれのインナーマットの特徴としては、

    フォームマット」に関しては、安い上に軽くてとても丈夫なので、ある程度どんなに雑に扱おうがなかなか壊れる事はないけれど、

    あまりに地面が固い場所だと、寝る時にちょっと背中が痛くなったりする事があるかも(多少地面のボコボコを感じやすいかも)

    あと「フォームマット」は、収納サイズが大きいので、バックパックに外付けすると木の枝なんかに引っかかって危ないかも。

    エアーマットの特徴

    そして「エアーマット」に関しては、収納サイズが小さいので持ち運びにはとても便利なのだけど、

    物や季節によっては体が冷えやすくなるかも(地面の底冷えによるもの)

    ただ最近は、保温力の高いものも出てたりするので、最近のいいやつを買えばそこら辺に関しては問題ないかも。

    ただし、マット自体に穴が開いてしまった場合は、その時点で使えなくなってしまう(一緒に修理セットがついている事も多い)

    あとは「コット」というベッド型のタイプのものを選ぶという選択肢もあるけれど、これはかなり重いし大きいので、キャンプなんかでのんびりしたい人向けのもの。

    なので、今回はパス。

    ただし登山キャンプとかではなく、車やバイクなんかで移動(ツーリング)する場合には、

    コット」は最強かも。

    スポンサーリンク

    キャンプ用(テント泊)をする時のインナーマットの必要性、特徴や違い:まとめ

    という事で今回は、キャンプでテント泊をする際の「インナーマット」の重要性について書いてはみたのだけど、

    とりあえずは、最初は「フォームマット(ウレタンマット)」を買ってみて、もし必要であれば「エアーマット」は後から買い足せばOK。

    冬キャンプなんかの際には「フォームマット」の上に「エアーマット」を敷いて寝れば、底冷え対策も完璧だし、両方あると何かと便利に使える事も。

    キャンプをする事自体、体にとって健康的メリットばかりなので、今後の趣味の1つとして取り入れる事は本当におすすめ。

    【デジタルデトックスとは】効果や方法、やり方、メリットについて【パソコンやスマホの使い過ぎは不幸になる】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました