豊胸手術の方法、種類や特徴について【シリコン・脂肪注入・ヒアルロン酸・インプラント・乳がん検査等】

スポンサーリンク

こんにちは。

以前、韓国の整形事情について軽く書いてみたのですが、

その際に、顔の整形だけではなく豊胸手術についても少し触れてみました。

という事で今回は個人的な興味から、胸の整形手術についてや豊胸手術の種類や方法、

それぞれのメリットやデメリット、豊胸をしてても乳がん検査は可能なのか?など。

クリニックの先生に直接聞いて、軽くまとめてみました。

スポンサーリンク

豊胸手術の種類や方法、それぞれの特徴やメリット、デメリットについて

まず、豊胸の方法もいろいろとあるようで、大まかに分けると大体3種類に分けられる。

  • 脇の下から入れる詰め物をいれるインプラント法(人工乳腺法、豊胸バッグ、シリコン)
  • 胸の下からヒアルロン酸を入れる方法(ヒアルロン酸注入豊胸法)
  • 胸の下から自分の脂肪を入れる方法(脂肪注入(ピュアグラフト)、コンデンスリッチファット豊胸術(CRF))
  •  

    それぞれのメリットや特徴、効果としては、

    スポンサーリンク

    豊胸手術の方法:インプラント法(人工乳腺法、豊胸バッグ、シリコン)の特徴やメリット、デメリット

    インプラント法(人工乳腺法、豊胸バッグ、シリコン)のメリット

    インプラント法というのは、脇の下から胸にシリコンやバッグを入れ込むタイプの施術法で、

    こちらのメリットとしては、形がきれいで2サイズ以上はサイズアップが可能という点。

    一度入れてしまえば、半永久的に使用可能なためコスパが良い。

    インプラント法(人工乳腺法、豊胸バッグ、シリコン)のデメリット

    デメリットとしては、形がある程度決まっているため、寝転がったりすると多少の違和感があるかも。

    LEDなんかに当てると光るかも。

    スポンサーリンク

    豊胸手術の方法:ヒアルロン酸注入豊胸法の特徴やメリット、デメリット

    ヒアルロン酸注入豊胸法のメリット

    ヒアルロン酸注入豊胸法というのは、単に胸に注射をするだけの施術法で、

    こちらのメリットとしては胸に注射をするだけなので、とにかく手軽で簡単で見た目の仕上がりも自然。

    ヒアルロン酸注入豊胸法のデメリット

    こちらのデメリットとしては効果が約1年程と短いので、ヒアルロン酸がなくなる度に再度入れなくてはいけないという点。

    スポンサーリンク

    豊胸手術の方法:脂肪注入、コンデンスリッチファット豊胸術(CRF)の特徴やメリット、デメリット

    脂肪注入、コンデンスリッチファット豊胸術(CRF)のメリット

    自分のお腹や脚などについている脂肪を、そのまま自分の胸に注入する方法で、

    こちらのメリットとしては、

    自分の組織(脂肪)を自分の胸に移動させるだから、アレルギー反応などがなく安全。

    自分のお腹や脚の脂肪をそのまま胸に移動が出来るため、胸を大きくするついでに、脚や腹回りをスッキリさせる事が可能。

    脂肪注入、コンデンスリッチファット豊胸術(CRF)のデメリット

    こちらのデメリットとしては、

    注入出来る脂肪が体に十分についてないといけないという点、

    なのであまりに痩せている人とかだと移動させる脂肪がないので、こちらの施術法は出来ない。

    脂肪注入後、その脂肪がどれ位自分の体に定着するかは、

    実際にやってみないと分からないという点もデメリットとしてある。

    生着率は大体、50-70%、

    大体、注射をした半分は体に吸収されるが、残り半分は半永久的に残るといった感じ。

    その残った脂肪の内のいくらかが、石灰化する可能性あり。

    脂肪定着後は、脂肪が完全に自分の組織の一部となるため、

    その後に自分が太ればその胸の脂肪も一緒に太るし、体が痩せると胸も一緒に痩せていく。

    脂肪注入にもいろいろなやり方があって、今は石灰化やしこりなどのリスクが少ない脂肪注入法もいろいろとあるみたい。

    スポンサーリンク

    豊胸手術後の乳がん検査について聞いてみた

    豊胸手術をする際はやはり、見た目がよくなるだけを考えるのではなく、

    今後の事もしっかりと考えていく必要がある。

    その中でも豊胸手術後の乳がん検査については、やっぱり重要な事なので確認してみました。

    という事で、乳がん検査の方法を大まかに分けると、

  • 通常検査(マンモグラフィー検査)
  • 透明の圧迫板で胸を挟み、薄く伸ばして撮影する方法。

  • 超音波検査(エコー検査)
  • 胸にゼリーを塗り、機械を直接皮膚に当てながら、画面で見ていく方法がある。

     

    インプラント法を施術後の乳がん検査について

    乳がん検査なんかに関しては、

    シリコンや豊胸バッグなどのインプラント法だと超音波検査(エコー検査)は可能だが、

    通常検査(マンモグラフィー)だと、中のバッグが潰れたり破損する恐れがあるため、断られる事が多いとの事。

    一応、バッグを避けながら検査をしていくお医者さんもいるにはいるみたい。

    ヒアルロン酸注入後の乳がん検査について

    ヒアルロン酸の場合だと、ヒアルロン酸を入れてすぐには検査が出来ず、

    ヒアルロン酸がしこりとして写り診断しづらくなる事があるため、

    大体、ヒアルロン酸が体に吸収された約1年後位に、検査をするのが良いとの事。

    脂肪注入後の乳がん検査について

    脂肪注入の場合は完全に自分の組織のため、乳がん検査をする際には特に問題はないみたい。

    ただ、この場合ももし残った脂肪が石灰化してしまった場合には、同じように診断がしづらくなる事もあるため、

    豊胸手術をした人が乳がん検査をする際には、必ず事前に言ってくださいとの事。

    アレルギーなんかに関しては、どれも特にはないし、

    手術前にはオペ前検査もやるから、心配する必要はない様子。

    豊胸手術をした後の感触や、揉んだりしてもいいのか?という質問について

    胸を触った感触として、一番自然なのは脂肪注入法で、

    自分の脂肪で出来た胸なので、触り心地が自然なのは当然との事。

    ヒアルロン酸も、見た目もきれいで触り心地もいいが、

    揉むと早く体に吸収されてしまうため、なくなるのが早いみたい。

    バッグはやはり他と比べても、感触に若干の違和感はあるのかも。

    ただし、サイズを大幅に大きく出来るので、巨乳好きからしてはこっちの方がいいのかも。

    スポンサーリンク

    豊胸手術の方法、種類や特徴について:まとめ

    という事で今回は、豊胸手術の特徴や方法、メリットやデメリットについてまとめてみましたが、

    とにかくデカいものというのなら、

    「インプラント法(人工乳腺法、豊胸バッグ、シリコン)」

    しかも、入れれば半永久的に使用可能なのでコスパも良い。

    簡単に、しかも当日お手軽にという事なら、

    「ヒアルロン酸注入豊胸法」

    安全に自然に、そして見た目も美しくという事なら、

    「脂肪注入法、コンデンスリッチ豊胸術など」

    脂肪注入法だと、自分の組織だから異物反応なしというメリットも、

    それに、自分の腹回りや脚の脂肪を胸に移動出来る訳なので、

    胸は大きくなり、ついでに脚も腰回りも細くなりくびれも出来るという。

    藤井美咲さんというグラビアアイドルの方なんかもいい例。

    まぁこの人の場合は、グラビア以外にもいろいろな事をやっているみたいですけど。

    胸の手術にも、本当にいろいろなものがあります。

    豊胸や胸の形だけでなく、乳首の形や大きさまでをも変える施術法だったりと、とにかくいろいろ。

    整形や豊胸手術なんかを考えている方は、手術をする前にきちんとお医者さんにたくさんお話を聞いた方が、

    今後後悔したりなどのリスクを減らす事にも繋がるでのとても重要。

    こちらのブログでは、普段から散々言っている事ですが、

    個人的に言わせてもらえば、整形をする際に韓国でするのはやめておいた方がいいという事。

    まず単純に、整形が下手。

    そして整形の結果がワンパターン。

    韓国で整形をして帰ってきた中国人女性なんか本当に丸分かりだし、

    それに比べて日本の整形技術の高さといったら、本当にとてつもない。

    日本の芸能人なんかを見てても、整形上手過ぎっていう人がとても多いし、

    本当に自然に出来上がっていますよね。

    韓国で整形をするのが、日本と比べてもたかだか数万円安い位で、

    医者に対して言葉も事細かに通じないし、

    その後のアフターケアに関しても、きちんとしてもらえない可能性もある。

    そういうのを安物買いの銭失いと言う。

    今後の自分に一生付いて回る問題なのに、

    そこを無駄にケチって費用を抑えるメリットが一体、どこにあるのかと。

    そこら辺の単なる小銭をケチって、はたから見ても明らかにバレバレな顔にされるよりかは、

    多少お金を払って、安心と信頼を買った方がよっぽどいい。

    あと問題なのは自分の顔の事なのに整形に関する知識もゼロだし、全て医者任せで言われるがまま。

    整形をした後に、下を向いて目がちゃんと閉じない子もいるし、

    二重があまりにも深すぎて、クッキリ過ぎて不自然だったり、

    深い線でガタガタになってたりと、明らかにやりましたっていうのばかり。

    医者も人の顔の事だからと、やるならもっとキレイにやれと。

    韓国で整形なんかしちゃったら本当に丸分かりで、周りも絶対に気付きます。

    なので、きちんと信頼のある腕の確かな人のところに行かなきゃ。

    日本だと、もし相手が整形をしていたとしても何も言わず黙っていてくれるパターンも多いけど。

    まずは手術を受ける側も多少の知識が必要で、

    言われるがままバンバンとメスなんか入れちゃダメ。

    まぁあごとかを削る位だったら、韓国の方がそういった症例は多いので、

    その場合は、韓国で施術してみてもいいのかも。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました