【一人遊び・休日】アウトドアを趣味として始めるのがおすすめな理由、メリット【お金かからない】

スポンサーリンク

コロナウイルスのパンデミック、コロナ過の中、アウトドア系の趣味を始める人がかなり増えてきてるみたい。

という事で今回は、アウトドアな趣味を始めるメリットについて。

アウトドア系の趣味を1つでも持っておくと、今後生活的にも健康的にもいろいろなメリットがあるよという話と、

特に僕が今現在住んでいるマレーシアに関していえば、アウトドア系の活動を始めるには特におすすめ。

今回は、その理由なんかについても書いてみました。

もちろんマレーシアだけに限らず、今現在日本に住んでいる人や、

コロナ過で自宅に引きこもる機会が増え、他人との接触や社会的な繋がりが薄れ、ストレスを感じている人も多いはず。

実際に、コロナウイルスのパンデミック以降、アウトドア系の趣味を始めたという人がかなり多いみたい。

という事で今回は、アウトドアの趣味を持つメリットや素晴らしさについていろいろと書いていく。

スポンサーリンク

アウトドアの趣味を持つ事のメリットやおすすめな理由【大人の休日一人遊び】

という事で、まずアウトドアの趣味を始めるにあたってのメリットというのが本当に数多くあって、

自然に触れる事というのは、科学的にもいい事ばかりという風に言われてるんですね。

それが例えば、

  • 健康にいい
  • デジタルデトックスになる
  •  

    そんな中でも、僕が個人的におすすめしてるアウトドア系の趣味というのが、

  • キャンプ
  • 釣り
  •  

    まず僕自身がアウトドア趣味を始めるようになったきっかけというのが、やっぱりコロナのせいというのが大きい。

    家から1歩も出れない日が相当長く続いてしまい、多分自然が恋しくなったのだと思う。

    あと、僕が今現在住んでいるマレーシアは、実は釣り大国として有名で、

    僕自身、今後はオーストラリアやニュージーランドを一周したいなーと考えていたりもするので、

    そんな時にテント泊なんかをしながら、毎晩星空を眺めながら、自然の中を周っていくのも楽しそうだなーと思ったのがきっかけ。

    じゃあこっちにいる間に、今のうちに今後のためにも練習しとくかーといった感じ。

    自然に触れる事が科学的にも健康にいいという事

    自然に触れる事って、実はめちゃくちゃ健康に良いという風に言われていて、

    あとはキャンプをする事というのは、うつ病なんかにもいいみたい。

    自然の癒し効果、ストレス発散効果、メリットがやばい【散歩・旅行・登山】

    なので、コロナ過でのストレス発散なんかにも最強。

    そして、自動的にデジタルデトックスにもなるので、とてもおすすめ。

    【デジタルデトックスとは】効果や方法、やり方、メリットについて【パソコンやスマホの使い過ぎは不幸になる】

    アウトドアの経験や知識は、身につけてしまえば今後も一生遊べる趣味と化す

    釣りにしてもキャンプにしても、一度やり方を覚えたり身につけてしまえば、今後も一生遊べる趣味で、

    買ったものに関しても、今後もずっと使っていけるという事。

    僕自身、日本に帰ったら登山テント泊なんかもバンバンしたいし、テントを持って日本一周なんかもいいかも。

    あとは毎日釣りにも行くだろうし、うちは家族が船を持っているので、それを乗り回すのなんかもありかも。

    楽しいし、健康にもいいし、世界中どこにいたって出来るし、

    家族や友人なんかと一緒に楽しむ事だって出来るし、もちろん一人で楽しむ事も可能。

    実際、自然の中で人と関わる事で、その人達との関係も良くなるという研究結果もあるみたい。

    マレーシアに限らず東南アジアはアウトドア商品がとにかく安い

    そして、僕が今現在住んでいるマレーシアに関しては、とにかくアウトドア商品が安い。

    本当に安過ぎてドン引き、逆にいえば日本がどれだけぼったくってるかという話。

    なので、アウトドアな趣味を始めるにあたって金銭的な負担はほとんどないし、釣りなんかも1000円あれば出来ちゃう。

    釣り竿が500円で、リールなんかも500円。

    しかもダイソーに置いてあるようなおもちゃみたいなやつじゃなくて、割とちゃんとしたやつ。

    そして、ルアーは100円以下だし、釣りに使うラインなんかも安い。

    ルアーなんかでいえば、日本でルアーを買おうとすると、1000円~2000円とか、もしくはそれ以上平気でかかってくるものが、

    マレーシアだと、それらが1個100円以内で買えちゃったりもする。

    マレーシアでしか釣れない魚なんかも多いし、マレーシアは釣り人からすると、天国だとも言われている位。

    そして、キャンプに関しても同じで、5000円もあれば、テントも寝袋もある程度いい物を揃える事が可能。

    テントも防水の軽いテントなんかが数千円台からあるし、寝袋も数百円位からあるし、ガスバーナーなんかも数百円とかそんなもん。

    クッカーなんかも食器類(スプーンなど)と合わせても1000円以内で済むし、キャンプ用のインナーマットなんかも数百円とか。

    テントでも寝袋でもクッカーでも何でも、日本で売ってる物と同じ商品なのにも関わらず、価格が半額からもしくはそれ以下。

    下手すると、1/3~1/5くらいの値段で売ってたりもするし、とにかく価格が安過ぎて、始めるまでの敷居がとにかく低い。

    テントやインナーマットなんかも、日本で売ってるのと全く同じ商品なのにも関わらず、マレーシアだと半額かそれ以下で買えちゃう。

    釣り用品でいえば、ラインや釣り針なんかに関していえば、

    下手すると、日本の10分の1くらいの値段で買えちゃったりもするからコスパは最強。

    スポンサーリンク

    休日の一人遊びとして、アウトドア趣味がおすすめな理由とメリット:まとめ

    という事で今回は、アウトドアな趣味を持つ事のメリットについて簡単に書いてみました。

    そしてもし今後、マレーシアに限らず東南アジアに住む機会のある人は、その際にぜひアウトドアな趣味を始めてみる事をおすすめ。

    健康にもいいし、人間関係もよくなるし、

    病気もしにくくなったり、うつにも効いたりと、とにかくいい事ばかり。

    コロナウイルスのパンデミック以降のこのタイミングだからこそ余計に、アウトドア系の趣味を始めるというのは本当におすすめ。

    一度、釣りとキャンプを覚えてしまえば、世界中どこにいても遊べるし、

    例えば、バックパッカーや、比較的物価の高い国(北欧やオーストラリア)なんかに長期滞在する際なんかにも、

    宿泊費の節約にもなるのに加え、ついでに大自然を満喫、肌で身近に体感する事も可能。

    日本一周なんかでも便利に使えたりと、とにかく使いどころ満載なのでとてもおすすめ。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました